その他イベント

ダラット大学・大阪府立大学合同シンポジウム「放射線及び原子力の研究教育の現状と将来展望」

開催日 2017年9月1日(金)9時30分~17時
開催場所 中百舌鳥キャンパス
開催場所詳細 国際交流会館 I-wingなかもず
概要

ダラット大学はベトナム南部の高地にあり、大阪府立大学は、2014年より学術協力協定を締結し、留学生の受入等を進めています。また、過去2回にわたり本学の理事や教員が同校を訪問し、合同シンポジウムを開催してきました。

今回は、本学工学研究科量子放射線系専攻と関係の深い、原子力工学科の学生、教員の一行が、科学技術振興機構の「さくらサイエンスプラン」で来学されたのを契機として、国際シンポジウムの開催を企画しました。両国の放射線および原子力教育の現状についての情報交換を行い、合わせて今後の研究交流の契機となる話題提供を行っていただきます。

【講演者】
Nguyen Duc Hoa(ダラット大学 学長)
宇根崎 博信(京都大学 原子炉実験所 教授)
谷口 良一(大阪府立大学 放射線研究センター センター長)
Son Nguyen An (ダラット大学 原子核工学科 学科長)
Ha Nguyen Thi nguyet (ダラット大学 原子核工学科 学科講師)
Sang Nguyen Thi Minh (ダラット大学 原子核工学科 学科講師)
松浦 寛人(大阪府立大学 工学研究科 教授)
興津 健二(大阪府立大学 現代システム学域 教授)
川西 優喜(大阪府立大学 理学系研究科 准教授)

関連情報 参考資料「ダラット大学と大阪府立大学の関わり」 (322KB)
ダラット大学・大阪府立大学合同シンポジウム「放射線及び原子力の研究教育の現状と将来展望」ポスター (269KB)
定員 70名(先着順)
対象者 どなたでも
受講料 無料
お問い合わせ 研究推進課管理運営グループ
Tel 072-254-9804
Eメールmatsu[at]riast.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。
お申込み方法

事前申込み不要