その他イベント

損傷菌セミナー2017「食品の環境ストレスによって発生する損傷菌とその意義」(損傷菌研究会主催)

開催日 2017年6月13日(火)12時55分~17時05分
開催場所 その他
開催場所詳細 東京都江東区豊洲シビックセンター
4階~5階ホール(受付・口頭講演)
7階レクホール(ポスター研究発表・情報交換会)
東京メトロ有楽町線、またはゆりかもめ「豊洲駅」下車すぐ
概要

【プログラム】

開会挨拶 12時55分~13時

講演1「食品安全で重要な損傷菌研究」 13時~13時30分
川本 伸一氏(公益社団法人日本食品科学工学会 専務理事)

講演2「野菜栽培段階における損傷菌の意味」 13時30分~14時
木嶋 伸行氏(国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構)

講演3「低pH環境における損傷ヒスタミン生成乳酸菌のヒスタミン生成能について」 14時~14時30分
里見 正隆氏(国立研究開発法人水産研究・教育機構 中央水産研究所)

ポスター発表会(プログラムは研究会HPに後日掲載)・情報交換会(7階) 14時30分~15時30分

講演4「嫌気性食中毒細菌の芽胞について」(4階~5階ホール) 15時30分~16時
三宅 眞実教授(大阪府立大学生命環境科学研究科 獣医学専攻)

講演5「サルモネラの耐熱性と加熱損傷回復機構について」 16時~16時30分
宮本 敬久教授(九州大学農学研究院)

講演6「大腸菌の加熱損傷・修復機構と損傷菌数評価」 16時30分~17時
土戸 哲明名誉教授(大阪府立大学研究推進機構 微生物制御研究センター 運営顧問)

閉会挨拶 17時~17時05分

関連情報 損傷菌セミナー2017「食品の環境ストレスによって発生する損傷菌とその意義」チラシ (231KB)
対象者 研究者、技術者、学生
受講料 【事前登録の場合】
会員4,000円、非会員6,000円
(学生会員無料、学生非会員2,000円)
【当日参加の場合】
会員6,000円、非会員8,000円
(学生会員2,000円、学生非会員4,000円)

会場で当日入会も受付けます(入会無料)
お問い合わせ 大阪府立大学研究推進機構 微生物制御研究センター内 損傷菌研究会(担当 岡林)
Tel 072-252-1161(直通) Tel 4219(内線)
Eメール cro22578[at]osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。
(注意)なるべくメールでお願いします。
お申込み方法

損傷菌研究会Webサイトから申込書をダウンロードして研究会事務局にメールで送付するとともに、参加費を郵便振替で5月15日までに口座記号番号(00990-4-210394;口座名称は日本損傷菌研究会)にお送りください(振込の確認により確定となり、期日以降は当日参加の扱いになります)。当日参加は定員に余裕がある場合に受付けますが、できるだけ事前登録をお願いします。

損傷菌研究会Webサイト別のサイトにリンク

(注意)携帯メール不可
(注意)お申込の際の個人情報は、応募後の問合せ連絡、統計資料等の作成、並びに本学公開講座のご案内に使用いたします。目的以外の使用については、一切いたしません。