大阪府立大学

ドストエフスキーを読む

ドストエフスキーを読む
開催日
2021年5月8日、22日、6月12日、26日、7月10日、24日、8月7日、28日、9月11日、25日
(全10回・各土曜日)15時~16時30分
開催場所
I-siteなんば
南海なんば第1ビル 2階

I-siteなんばのアクセス

新型コロナウイルス感染拡大の状況により、本講座は一部変更または中止となる可能性があります。

今年度はわたしのいう〈自尊心の病〉をめぐってドストエフスキーの「地下室の手記」と「罪と罰」を読んでゆきます。

「地下室の手記」はドストエフスキーの作家としての転期になった小説であると同時に、世界で初めて〈自尊心の病〉を解剖した奇跡といってもいい小説です。その「地下室の手記」の男が「罪と罰」ではラスコーリニコフという男に姿を変えて強盗殺人を犯し、ソーニャという娼婦に出会い、回心に至ります。

なぜそうなったのか、ということについて、徹底的に論じるつもりです。

テキスト

「罪と罰(上下巻)」工藤精一郎 訳、「地下室の手記」江川卓 訳(いずれも新潮文庫最新版)

(注意)テキスト代は受講料に含まれません。各自でご購入ください。

講師

萩原 俊治 名誉教授

関連情報
定員60名(申込者多数の場合は抽選)
対象者どなたでも
受講料7,000円(全回分)
申込期間2021年4月19日(月)【必着】
申込方法

「申込フォーム」から申し込みいただくか、「往復はがき」で(1)氏名(フリガナ)、(2)年齢、(3)郵便番号・住所、(4)電話番号、(5)この講座を知ったきっかけをご記入の上、次の宛先へお申込みください。

(注意)受講の可否は開催日の5日前までに通知します。届かない場合は必ずお問合せください。

申込フォーム

往復はがき

〒599-8531 堺市中区学園町1番1号
大阪府立大学C5棟 地域連携室「ドストエフスキー」係

(注意)返信用はがきは両面とも白紙でお送りください。

お問い合わせ地域連携室
Tel 072-254-9942
Fax 072-254-6271