大阪府立大学

絆創膏のように柔らかい添付型ウェアラブルデバイスの誕生

更新日:2016年11月24日

世界初!印刷技術の開発によって活動量を計測するフィルム上のセンサを実現
絆創膏のように柔らかい添付型ウェアラブルデバイスの誕生

大阪府立大学大学院工学研究科 竹井邦晴助教の研究チームは、印刷で作製できる絆創膏のように柔らかい添付型のウェアラブルデバイスのプロトタイプを開発しました。このウェアラブルデバイスは、人の活動量や簡単な健康状態(心拍、皮膚温度)、紫外線量を計測することが可能です。

今回、世界で初めて「印刷技術を開発すること」で柔らかいフィルム上に活動量(加速度)センサを形成する技術を実現しました。これによって、従来の半導体センサ作製技術と比べ、多種センサの集積化と低価格化が可能になりました。この技術は、次世代の絆創膏型健康管理デバイスの実現だけでなく、モノや人がセンサを介してインターネットと繋がるIoT(Internet of Things)社会への貢献やデジタルヘルスとしてのツールとしても期待でき、医療費削減、孤独死、医師・看護師の負担軽減など、現状のさまざまな社会問題の解決につながる基礎技術といえます。

研究成果のポイント

  • 「印刷」による活動量、皮膚温度、心電、紫外線を計測するセンサの作製に成功
  • 特に印刷技術による活動量(加速度)センサは世界初
  • 大面積印刷技術による柔らかい材料への多種センサの集積化実現により次世代エレクトロニクスへの大きな貢献

なお、本研究成果は(日本時間)2016年11月24日午前4時に、アメリカ科学振興協会「AAAS(American Association for the Advancement of Science)」のオンライン版「Science Advances」誌で公開されました。

論文タイトル:Printed multifunctional flexible device with an integrated motion sensor for health care monitoring

開発した絆創膏型ウェアラブルデバイス

お問い合わせ

大阪府立大学 工学研究科

助教 竹井 邦晴

Tel 072-254-9497 Eメール takei[at]pe.osakafu-u.ac.jp[at]の部分を@と変えてください。