大阪府立大学

理学系研究科公開セミナー「進化する有機合成化学と産業への貢献」のご案内

更新日:2016年11月10日

大阪府立大学大学院理学系研究科では、社会的に関心の高いテーマにそった公開セミナーを毎年開催しています。11回目にあたる今回は「進化する有機合成化学と産業への貢献」をテーマに実施いたします。

近年、炭素―水素結合を直接反応に利用する新しい有機合成法が開発され、医薬品や電子材料など私たちの生活をささえる多様な物質や、従来は合成困難とされてきた物質群を効率的に合成することが可能となりました。本セミナーでは、この分野のトップランナーである大阪大学の三浦雅博教授と本学の神川憲教授が、研究の背景や新反応の原理、産業への応用等についてわかりやすく解説します。

理学系研究科公開セミナー「進化する有機合成化学と産業への貢献」

開催日 2016年12月3日(土)13時30分~15時30分
開催場所 中百舌鳥キャンパス サイエンスホール(A12棟)
内容 13時30分~14時30分 「触媒:産業を支える偉大な立役者」
神川 憲(大阪府立大学大学院 理学系研究科 教授)
14時35分~15時30分 「進化する有機合成化学:結合形成法のパラダイムシフト」
三浦 雅博(大阪大学大学院 工学研究科 教授)
対象者 どなたでもご参加いただけます。
主催 大阪府立大学大学院 理学系研究科
定員 100名(定員を超えた場合、入場を制限することがあります)
参加費 無料
申込方法 事前申込は不要です。当日、ご自由にお越しください。

関連情報

お問い合わせ

大阪府立大学大学院 理学部・研究科支援グループ

担当 一森

Tel 072-254-9161