大阪府立大学

2016年4月、文理融合で持続可能社会の実現に挑む大学院「人間社会システム科学研究科」誕生

更新日:2016年3月18日

大阪府立大学では、人間社会学研究科にかわり、2016年4月より「人間社会システム科学研究科」が発足します。伝統ある言語文化学・人間科学・社会福祉学専攻に加え、新たに現代システム科学専攻を設置し、関西有数規模の文理融合大学院となります。専門分野における学術研究を着実に継承しつつ、分野横断的な交流によって、持続可能社会の実現に向け新たな知の拠点となることをめざします。

研究科の概要

文系・理系という枠組みを超えて、実践力を備えた人材を育成

現代の複合的な問題に取り組むためには、文系・理系という区分に捉われない、新たな知の視点が必要とされています。このような時代の要請に応え、本学は2012年に学士課程として現代システム科学域を設置し、今年新たに修士課程として現代システム科学専攻を設置します。あわせて、人間社会学研究科が人間社会システム科学研究科として生まれ変わります。人間社会システム科学研究科では、学術の分野横断的な交流によって、現代社会の諸課題を俯瞰的に理解し、持続可能な社会の実現に貢献する実践力を備えた人材を育成します。

文系教育研究の伝統を受け継ぎ、地域の諸問題解決に取り組む

人間社会システム科学研究科は、これまでに3名の芥川賞作家を世に送り出してきた本学の文系教育の伝統を受け継いでいます。この実績を踏まえ、文化の継承と発展、多文化共生社会の実現、拡大する格差への対応など、大阪を中心に地域の持続可能性に関わる諸問題に取り組んでいきます。

人間社会システム科学研究科の概要

各専攻の概要

現代システム科学専攻(定員:25名)

現代システム科学専攻は修士課程として発足し、一期生の修了に合わせて博士後期課程の設置を構想しています。

知識情報システム学分野

知能情報学、経営情報学、教育情報学、ヘルスケア情報学、生産システム科学などの学際的情報学分野における課題解決への取り組みを通して、知識科学および情報システム工学と社会科学などの他分野との融合による新たな価値を創造するためのシステムデザイン能力、技術の進歩および社会の変容に対応できる科学的な分析力・思考力を身につけた人材を育成します。

【取得可能な学位】 修士(情報学)

環境システム学分野

人と自然とのつながり(人が自然から受ける影響、人が自然へ及ぼす影響など)に重点を置く「環境学コース」、人と人とのつながり(組織や社会制度、文化や思想、社会問題など)に重点を置く「社会システム論コース」、人の心と環境とのつながり(人が環境からの情報を処理する仕組み、心の発達など)に重点を置く「認知行動論コース」を設け、それぞれの専門的知識と技能を用いて、高い倫理観、使命感を持って持続可能な社会の構築に貢献できる人材を育成します。

【取得可能な学位】 環境学コース:修士(環境学)、社会システム論コースおよび認知行動論コース:修士(学術)

臨床心理学分野

心が自然・社会環境と密接に相互作用しているという観点から、従来の人文科学の枠組みを越えた領域横断的発想によって心と環境の関係を考え、21世紀の多様化した心の問題に対応していくことのできる臨床心理士を育成します。

【取得可能な学位】 修士(学術)

言語文化学専攻(定員:博士前期課程8名、博士後期課程3名)

人間活動と社会関係の基盤である言語と文化を、高い専門性と広い視野を持って多角的にとらえ、グローバル化の進む現代社会において,異文化への理解と自文化への深い造詣、真理追究の姿勢、国際的に情報を発信できる能力を身につけた人材を育成します。

日本語学、日本語教育学、日本文学、日本文化学、英語学、英語圏文学、英語圏文化学、個別言語学、対照言語学、社会言語学などの分野を研究できます。

【取得可能な学位】 博士前期課程:修士(言語文化学)、博士後期課程:博士(言語文化学)

人間科学専攻(定員:博士前期課程8名、博士後期課程4名)

人間・社会・文化に関する専門的な知見を横断的、複合的に身につけ、現代が直面する諸問題の解決に向けて、具体的な展望を提示するに必要な、知的分析力、構成力、情報発信能力を有する人材を育成します。

社会思想、科学史、政治哲学、ジェンダー論、セクシュアリティ論、国際理解、教育社会学、教育哲学、人間形成論、環境思想、日本芸能史、日本思想史、西洋史、フランス文学史、中国文化史、中国思想などの分野を研究できます。

【取得可能な学位】 博士前期課程:修士(人間科学)、博士後期課程:博士(人間科学)

社会福祉学専攻(定員:博士前期課程8名、博士後期課程3名)

あらゆる人の自己実現のために、社会福祉にかかわる諸テーマを深く理解し、社会福祉の価値を基礎としながら、新たなよりよい課題解決に向けて主体的に取り組むことのできる専門的能力を持つ人材を育成します。

地域福祉、貧困、子ども家庭福祉、社会的養護、保育理論、障害者支援、医療福祉、ソーシャルワーク、スクールソーシャルワーク、健康福祉、社会福祉法制、社会福祉計画、社会福祉調査、福祉哲学などの分野を研究できます。

【取得可能な学位】 博士前期課程:修士(社会福祉学)、博士後期課程:博士(社会福祉学)

学生募集について

平成29年度入学生の募集要項は、平成28年6月頃に本学Webサイトに掲載予定です。

お問い合わせ

公立大学法人大阪府立大学 人間社会学研究科支援室

担当 佐野

Tel 072-254-9771