大阪府立大学

河内長野市の市制施行60周年記念展示企画「なんば発、奥河内行き。かわちながのタイムトラベル展」のご案内

更新日:2015年1月26日

河内長野市(市長 芝田 啓治)、南海電気鉄道株式会社(社長 亘 信二)、大阪府立大学(理事長・学長 奥野 武俊)は、現在、まちづくりの分野などで協定を結んでいます。

このたび、三者が連携して、観光をキーワードにした展示企画「なんば発、奥河内行き。かわちながのタイムトラベル展」を、2月2日(月)から3月31日(火)まで、大阪市浪速区にある大阪府立大学「Ⅰ-siteなんば」にて開催します。また、これに連携してトークイベントやワークショップなども実施します。

本企画では、河内長野市は市政施行60周年を記念して観光のPRによる街の活性化を、南海電気鉄道株式会社は沿線価値の向上を、大阪府立大学は教育研究の成果を地域や社会に還元することを、それぞれ目指します。

「なんば発、奥河内行き。かわちながのタイムトラベル展」詳細(402KB)

「なんば発、河内長野行き。かわちながの魅力発信展」(2013年7月)

「なんば発、河内長野行き。かわちながの魅力発信展」(2013年7月)

関連情報

お問い合わせ

まちライブラリー@大阪府立大学

Tel 06-7656-0441

大阪府立大学 広報渉外部 広報課

Tel 072-254-9103