公立大学法人大阪府立大学

本学学生が考案 「30品目の愛彩弁当」が、イズミヤにて商品化

更新日:2014年10月2日

本学学生が「第13回愛情お弁当コンテスト」で最優秀賞ほか3賞を受賞!
最優秀賞「30品目の愛彩弁当」が、イズミヤにて商品化。10月6日(月)より店頭発売。

「第13回愛情お弁当コンテスト」(主催:イズミヤ株式会社・健康おおさか21推進府民会議・大阪府)の「愛情お弁当部門(応募総数478点)」にて、地域保健学域 総合リハビリテーション学類 栄養療法学専攻3年の泉 菜々さんの作品「30品目の愛彩弁当」が最優秀賞を受賞しました。最優秀作品はイズミヤで商品化され、10月6日(月)より店頭で販売される予定です。

最優秀賞を受賞した泉 菜々さん:羽曳野キャンパスにて撮影

最優秀賞を受賞した泉 菜々さん:羽曳野キャンパスにて撮影

最優秀賞:泉 菜々さん「30品目の愛彩弁当」

最優秀賞:泉 菜々さん「30品目の愛彩弁当」

鮭やキノコなどの秋が旬の食材をたくさん使用して、半日分の食物繊維・カルシウム・鉄・ビタミンCを摂取出来る弁当です。「父親に食べて欲しいお弁当」という思いで作りました。外食が多くて食が偏りがちな人に是非食べていただきたいです。

店頭販売価格 本体価格458円(税込494円)

販売期間 10月6日(月)~19日(日)の2週間

取扱い店舗 近畿2府4県と岡山県(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県、滋賀県、岡山県)の、イズミヤ、デイリーカナート、はやしの各店舗

(注意)カナート、はやしの各店舗においては、一部取扱いがない場合もございます。

最優秀賞 泉 菜々さんの受賞コメント

この度はこのような賞をいただきありがとうございます。野菜をあまり食べない人にも気軽に手にとっていただけるようなお弁当にしたいと思い、色々な具材を混ぜ込みやすいハンバーグにしました。栄養バランスが良く、おいしく食べることのできるお弁当になるよう何回も試作を繰り返してレシピを考えたので最優秀賞をいただけて本当に嬉しいです。商品化されてたくさんの人に食べていただけると良いなと思います。

担当教員 矢澤 彩香 准教授のコメント

大学入学以来、勉強してきたことをフル動員させ、約1ヶ月間、試行錯誤を重ねながら作り上げたお弁当です。

見た目だけでなく、味や栄養価にもこだわった管理栄養士養成課程の学生ならではのお弁当になっていると思います。

またこのほか、今回のコンテストでは、優秀賞に前西 佐映さん(同学類3年)、特別賞に位田 知恵子さん(同学類3年)と松浦 みさきさん(総合リハビリテーション学部4年)が入賞を果たし、本学からは4人の学生が受賞となりました。

「愛情お弁当部門(テーマ:愛情がいっぱい詰まった、野菜がたっぷりの栄養バランスのいいお弁当)」
本学からの入賞作品

受賞 受賞者 学部学年等 作品名
最優秀賞 泉 菜々さん 地域保健学域 総合リハビリテーション学類
栄養療法学専攻3年
30品目の愛彩弁当
優秀賞 前西 佐映さん ほっとひといき和み弁当
特別賞 位田 知恵子さん 夏野菜のマクロビ弁当
松浦 みさきさん 総合リハビリテーション学部
栄養療法学科4年
いろいろ野菜のおめかし弁当

(注意)2012年度より学域制がスタートし、2012年度入学(現3年生)より学域学類所属となっております。

「愛情お弁当コンテスト」概要

大阪府とイズミヤ株式会社、健康おおさか21推進府民会議が平成19年度より開催。

「愛情がいっぱい詰まった、野菜がたっぷりの栄養バランスのいいお弁当」をテーマとして、野菜をたくさん使った栄養バランスのいいお弁当を募集する「愛情お弁当部門」など、2部門のレシピを募集。

募集期間は2014年5月19日(月)~6月18日(水)で行われた。

関連リンク

お問い合わせ

公立大学法人 大阪府立大学 羽曳野キャンパス
地域保健学域 総合リハビリテーション学類 栄養療法学専攻

准教授 矢澤 彩香

Tel 072-950-2111