公立大学法人大阪府立大学

ガラス溶解炉排ガスのNOx低減技術開発に成功

更新日:2014年5月13日

大阪府立大学(以下、本学) 大学院工学研究科機械系専攻の大久保雅章教授らのグループは、日本山村硝子株式会社(以下、日本山村硝子)と共同で、ガラス溶解炉排ガスのプラズマ複合処理によるNOx低減技術の開発に成功いたしました。

本学で開発されたプラズマ複合排ガスNOx低減技術はすでにボイラ等で実用化されておりますが、これをガラス溶解炉排ガスに適用するために共同研究を行い、日本山村硝子のガラス溶解炉でテストを行った結果、約40%のNOx低減を達成いたしました。

この技術は、大気圧プラズマ処理装置を既存の湿式ならびに乾式排煙脱硫装置に組み合わせてSOx、NOx、PMの同時低減を図ることができるため、一般的なSCR(選択触媒還元)脱硝法と比較し設備投資や運転費用が低いことが特徴です。

昨今の世界的な環境問題に対する関心の高まりにより、アジアを含めた各国の環境負荷物質の排出規制は年々厳しくなってきております。このような背景から、ガラス溶解炉においても同様に環境負荷量低減に向けた対応が今後ますます求められてゆくと考えております。今後の展開として、世界中に多数存在するガラス溶解炉向け排ガス処理装置への適用を行ってまいります。

関連情報

ガラス溶解炉排ガスのNOx低減技術の概要(別紙資料)(600KB)

関連リンク

大阪府立大学 大学院工学研究科 環境保全学研究グループ

日本山村硝子株式会社

お問い合わせ

公立大学法人 大阪府立大学

大学院 工学研究科 機械系専攻

担当 大久保 雅章

Tel 072-254-9230Fax 072-254-9904 Eメール mokubo[at]me.osakafu-u.ac.jp[at]の部分を@と変えてください。