本文へジャンプ

イベント情報

その他イベント

21世紀科学研究所連続セミナー第1回、2回、3回セミナー

開催日■第1回セミナー「次世代抗体医薬「マイクロ抗体」の開発」
2013年4月4日(木)
■第2回セミナー「大阪湾の健康診断~魚庭(なにわ)の海の水産物は今・・・~」
2013年5月2日(木)
■第3回セミナー「貧困・生活保護と社会福祉」
2013年6月6日(木)
(各回 10時30分~12時)
開催場所I-siteなんば
開催場所詳細大阪府立大学 I-siteなんば
大阪市浪速区敷津東2-1-41
南海なんば第1ビル2階
(Zeppなんば大阪の東隣のビル北側の府大専用エントランスからお入りください)
概要

【第1回セミナー】
■次世代抗体医薬「マイクロ抗体」の開発
■講師
大阪府立大学大学院理学系研究科 教授(キーパーソン教授) 藤井郁雄
【概要】
現在、抗体医薬が広く治療薬として使用されていますが、その一方で、抗体医薬自身の抗原性や生産コスト、さらに細胞内疾患関連タンパク質を分子標的できない点など、多くの問題点が指摘されています。このような問題を解決するために、当研究室では低分子性の抗体様物質を開発しています。抗体様物質とは、免疫グロブリンG(IgG)骨格を利用せずに、特定の疾患関連タンパク質に対して特異的に結合するペプチドのことであり、「マイクロ抗体」と名付けました。「マイクロ抗体」は抗体に匹敵する高い結合活性をもち、さらに、ペプチドでありながら酵素分解に対しても抵抗性を示すことから、抗体医薬に替わる分子標的医薬としての利用が期待されています。本講座では、サイトカイン結合性マイクロ抗体を紹介しながら、次世代抗体としての可能性を議論します。

【第2回セミナー】
■大阪湾の健康診断~魚庭(なにわ)の海の水産物は今・・・~
■講師
大阪府立大学大学院工学研究科 教授 大塚耕司
【概要】
大阪阪湾は、かつて「魚庭(なにわ)の海」や「茅渟(ちぬ、クロダイのこと)の海」などと呼ばれ、海藻や魚介類がたくさん採れる豊かな海でした。ところが、高度経済成⻑時代に、多くの干潟や藻場が埋め立てられ、工場排水や家庭排水が大量に流れ込んだことにより、赤潮などが多発する「瀕死の海」に変わってしまいました。その後公害問題や環境問題が叫ばれ、排水規制が厳しく行われたことによって、今ではかなり大阪湾の「健康状態」も回復しています。しかし、現在新たな問題が生じています。排水の厳しい規制とともに、多くの人工島ができたことによる流れの変化によって、「相変わらず栄養過多」の海域があると同時に、「栄養不足」の海域が現れ始めています。どちらも海産物にとってはたいへん厳しい環境です。本講座では、このような大阪湾の現在の環境(健康状態)と水産物への影響について紹介するとともに、その環境をどのようにすれば改善していくことができるのかについて、聴講生の皆さんとともに考えていきたいと思います。

【第3回セミナー】
■「貧困・生活保護と社会福祉」
■講師
大阪府立大学大学院人間社会学研究科 准教授 嵯峨嘉子
【概要】
昨年来、マスコミ等によって「生活保護」にまつわるさまざまな報道がなされました。しかし、残念ながら、一般市民の方が「生活保護」に対して誤解している情報も多く存在します。本講座では、現代社会が直面している「貧困」の諸相とは何か、なぜ貧困に陥るのか、その原因を探ります。事前に予想される生活上の「リスク」(失業や高齢、疾病)に対しては、雇用保険や年金保険といった社会保険が対応すべきですが、残念ながらうまく機能しているとはいえません。結果として、最後のセーフティネットである「生活保護制度」を受けざるを得ない人々が増加しています。生活保護制度で支給される最低生活費はどのように計算されるのか、持ち家や自動車の保有は認められるのか、といった基本的な事柄についても紹介します。健康で文化的な最低限度の生活を保障することを目的とする「生活保護制度」について、その意義および役割を正しく理解しながら、現在の生活保護制度が抱える課題についてみなさんと一緒に考えたいと思います。

画像大阪府立大学創基130年記念事業のロゴマーク
関連情報21世紀科学研究所連続セミナー第1回、2回、3回セミナー詳細 pdf (623KB)
定員250名
対象者どなたでも
受講料無料
申込み期間第1回セミナー締切 2013年3月29日(金)
第2回セミナー締切 2013年4月26日(金)
第3回セミナー締切 2013年5月31日(金)
(定員になり次第締め切らせていただきます。)
お申込み・お問合せ先大阪府立大学 21世紀科学研究機構 
Fax 072-254-8154
Eメール 21c-headoffice[at]21c.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。
お申込み方法EメールもしくはFaxで、(1)氏名(ふりがな)・年齢、(2)郵便番号・住所、(3)電話番号、(4)参加ご希望の講座の開催月をご記入の上、上記へお申込みください。