大学院工学研究科
25/36

20▲原子間力顕微鏡による生細胞の表面観察と相互作用力測定▲食品や医薬品粉体の混練・造粒連続製造装置の開発▲微生物による有用物質生産に関する実験化学工学の研究者・技術者は、物質とエネルギーのバランスを軸に、化学反応に関わる全てのプロセスやシステムを守備範囲とし、高度な化学合成技術、ナノテクノロジーやバイオテクノロジーを駆使した新規物質や新材料の合成とその生産システム、環境調和型の新しいエネルギーシステム、循環型社会のための革新的な資源循環システムなどの開発に取り組んでいます。本分野では、特定分野での深い専門知識を持つスペシャリストだけでなく、 対象とする化学システム全体を俯瞰して、世界的な視野で合理的に設計・評価できるオールラウンダーを育成する教育研究を行っており、卒業生は幅広い産業分野で大活躍しています。より詳しい情報はWebサイトをご覧下さい。http://www.chemeng.osakafu-u.ac.jp化学工学を学びたいあなたへ化学工学は、化学の基礎だけでなく、物理学や生物学の基本的な考え方も学び、化学に基づく新しい科学技術を創造し、私たちの生活・社会に役立つ「モノづくり」を行うための方法論を体系化した学問です。化学工学は、原料から製品を工業的に生産するにあたり、安全で、環境に優しく、効率の良い作り方(プロセス)を考えるとともに、製品や廃棄物が環境に及ぼす影響、資源やエネルギーの確保、循環型社会の構築までも総合的に考えて、生産システム全体を組み上げるために必要な学問分野です。そのため、化学産業だけでなく、食品、医薬品、エレクトロニクス、金属、自動車などの各種産業、また石油精製、電力・ガスなどのエネルギー産業などにおいて、化学工学が重要となっています。さらに最近では、新素材・新材料の開発、ライフサイエンスへの挑戦、新資源・新エネルギーの開発、地球環境問題の解決など、化学工学は社会に大きく貢献しています。▲気液反応の速度解析(赤:水、透明:気体)

元のページ 

page 25

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です