大学院工学研究科
10/36

5授業科目就職先一覧空と宇宙のフロンティアをめざす人類の挑戦は続きます。航空宇宙工学分野では、複雑な構造の強度などをコンピュータで計算する手法、巨大なシステムの開発手法、技術等の教育・研究を通して夢を育てつつ、リアリティーを失わない、システムデザイン能力の向上をめざしています。I H I 、アイシン・エィ・ダブリュ、ANAウイングス、エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン、川崎重工業、クボタ、シーメンス、ジャムコ、新関西空港、新明和工業、スズキ、住友精密工業、ダイキン工業、ダイハツ工業、デンソー、東海旅客鉄道、トヨタ自動車、中日本航空、西日本旅客鉄道、日産自動車、日本電気、日本航空、パナソニック、日立製作所、本田技研工業、マツダ、三菱自動車工業、三菱重工業、三菱スペース・ソフトウエア、三菱電機、ミツワ、宇宙航空研究開発機構、鉄道総合技術研究所 他航空宇宙工学分野Aerospace Engineering航空宇宙海洋系専攻■ 気体力学特論■ 航空宇宙流体力学特論■ 航空宇宙構造工学特論■ 軽量構造工学特論■ 航空推進工学特論■ 宇宙推進工学特論■ 航空宇宙システム工学特論■ 飛行力学特論■ 航空宇宙制御工学特論■ 宇宙情報通信システム工学特論■ 宇宙環境利用工学特論■ 宇宙機工学特論■ 衛星システム設計学特論■ 弾性力学特論■ 機械材料強度学■ 数値応用力学特論■ 機械計測工学特論■ システム制御学特論Ⅰ■ システム制御学特論Ⅱ■ 内燃機関工学■ 流体力学特論■ 環境工学特論Ⅱ■ 構造信頼性工学特論 等空と宇宙への挑戦が、世界を、未来を変える。  航空機、ロケット、宇宙往還機、  人工衛星の開発から宇宙の利用へ

元のページ 

page 10

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です