プレスリリース

高校生向け「学びたいこと、やりたいこと」探索サイトをリリース―興味あるキーワードから自分に合った「学び」を探す―

更新日:2017年7月21日

スマートフォン用トップページ イメージ

トップページ イメージ

大阪府立大学は、高校生が「学びたいこと、やりたいこと」のキーワードから逆引きして、大阪府立大学でそれを学べる学域・学類(学部・学科に相当)や、関連する先輩学生や教員の紹介、学びの具体例などを見つけることができる特設サイトを公開します。

自大学のPRを越えて、大学受験に臨む高校生が、偏差値だけではなく「学びたいこと、やりたいこと」から大学の学びを探索し、目標を見つけてもらいたいという、学長の思いから実現したサイトです。

公開予定日は7月21日(金)。第一弾では20の探索キーワードで公開し、順次キーワードを追加。最終的には300キーワードの公開をめざします。大学受験に大きな影響を与えると言われる夏休みのスタート、また大阪府立大学オープンキャンパス(8月4日5日6日開催)の開催に合わせ、高校生の大学探しのモチベーションを促す狙いで、この時期のリリースとしました。

高等教育機関の責務として、多くの高校生・受験生が、学びたいことから大学を選べるよう、活発な情報提供をめざします。

特設サイト概要

 サイト名 高校生向け“やりたいこと”探索サイト「Find Out!!」
 公開日  2017年7月21日(金)
URL http://www.osakafu-u.ac.jp/find-out/
 特徴
  • トップページに並んだ「学びたいこと、やりたいこと」のキーワードから、学べる学域・学類、大学Webサイトに点在する関連情報を探索できる設計。
  • キーワード数は20からスタート。順次、300を目標にキーワードを追加予定。
  • レスポンシブデザインで、スマホ、タブレット、PC、それぞれで最適な閲覧環境を提供。

「find out」は、(調べて)見つけ出す、発見する、考え出す、解く、などの意味のワードです。

F-udai 府大の
IN-side 中にある(ものを)
D-iscoveries 発見(する)
O-pu OPU(大阪府立大学)の
U-seful 有益な
T-ool ツール

開発の背景

日本の全大学の学部数は1,306(1990年)から2,265(2015年)に増え、かつ「一文字学部」から多様な学部名も増加し、高校生の選択肢も複雑化しています。(出典:河合塾2017年調査データ「大学入試の昔と今 比べてみるとこれだけ違う!」より)

その状況の中で、学部・学科名(本学では学域・学類名)から学べる内容を探すのではなく、「学びたいこと、やりたいこと」から学び、教員、先輩学生、将来像などの要素を探せる情報探索経路の提供が必要と考えました。

お問合せ先
公立大学法人大阪府立大学 理事長室 広報課 (担当 西野・皆藤)
Tel 072-254-9103
Eメール  koho[at]osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。