大阪府立大学

文部科学省「グローバルアントレプレナー育成促進事業」に本学プログラムが採択

更新日:2014年8月13日

文部科学省の平成26年度「グローバルアントレプレナー育成促進事業(EDGEプログラム:Enhancing Development of Global Entrepreneur Program)」に本学のプログラムが採択されました。全55件の申請の中から厳正な審査の結果、本学を含む13機関(うち公立大学の採択は1件)が採択されました。

【プログラム名】 地域産学官連携型持続的イノベーション・エコシステム拠点
:科学技術駆動型イノベーション創出プレイヤー養成プログラム

取組の概要

研究成果を社会でカタチにする仕組みを本学に構築します

本学でこれまでに実践されてきた「産業牽引型」高度人材育成システム(文部科学省振興調整費支援)や「ことつくり思考」(リーディング大学院:システム発想型物質科学リーダー養成学位プログラムのコンセプト)の養成ツール(産学連携で実施するビジネス企画演習、課題設定型演習、戦略的システム思考力演習等の演習プログラム)にデザイン思考やアイディエーションスキルをより実践的に導入することによって、高度研究者を実質的な起業家として育成するプログラムを実施します。

本学教員だけでなく産学協同高度人材育成センター連携企業、ブラウン大学、ニューメキシコ大学、Ernst & Young Advisory Co. Ltdなどのコンサル企業、株式会社TNPパートナーズ等のベンチャーキャピタル(VC)、金融機関等の外部機関と有機的に連携して、研究成果を産業の種に、そしてディールソースへと育てるための「アイディエーションワークショップ」、ディールソースを産業へ、そして起業へと発展させるための事業化、ファイナンシャルプラン、創業プランを実践演習として提供するだけでなく、実際の起業サポートを行うための仕組みを本学内に構築します。

本学学生だけでなく、他大学も含めた学生および若手教員、企業研究者および経営者、独法研究者や行政官などを年間50名程度育成し、イノベーションの創出をVC・金融・知財・行政が連携してサポートする科学技術駆動型イノベーション・エコシステム拠点を本学に構築します。eラーニング、通信添削システムやネット面談を充実させ、企業人が参加しやすいプログラムを提供します。

参考

「グローバルアントレプレナー育成促進事業(EDGEプログラム)」とは

我が国におけるイノベーション創出の活性化のため、大学等の研究開発成果を基にしたベンチャーの創業や、既存企業による新事業の創出を促進する人材の育成と関係者・関係機関によるイノベーション・エコシステムの形成を目的とする文部科学省の事業です。具体的には、専門性を持った大学院生や若手研究者を中心とした受講生が起業家マインド、事業化ノウハウ、課題発見・解決能力及び広い視野等を身につけることを目指し、受講者の主体性を活かした(アクティブラーニング)実践的な人材育成の取組みへの支援を行います。

関連リンク

お問い合わせ

地域連携・研究支援課 研究支援グループ

Tel 072-254-8327(直通)