大阪府立大学

平成29年度「地域再生」副専攻「地域活動演習」受講学生による発表会を開催

更新日:2017年12月28日

2017年12月16日、中百舌鳥キャンパス サイエンスホールにて、「地域活動演習」を受講している学生による成果発表会を、開催しました。

「地域活動演習」は、平成25年度に文部科学省により採択された「地(知)の拠点整備事業」(大学COC事業)において、本学と大阪市立大学の共同事業「大阪の再生・賦活と安全・安心の地域創生をめざす地域志向教育の実践」の中核である副専攻「地域再生(CR)」の最終科目です。

当日は、高橋 哲也 副学長の司会により、石井実 副学長の開会の挨拶で始まりました。

続いて基調講演として、理学系研究科 伊藤 康人 教授から「活断層と私たちのくらし―その調べ方とつきあい方―」というテーマで話していただきました。

その後、受講学生による成果発表があり、堺市北区役所や、五箇荘校区連合自治会と共同で取組んだ防災活動、大阪府・大阪市副首都推進局と連携した「大阪の未来像」に関する提言を発表しました。それぞれの発表にCOC事業の外部評価委員や地域の自治会役員等から質問・意見が出され、受講学生が丁寧に回答しました。

最後に、本事業の担当教員である西田 正宏 教授から発表会についてのコメントが述べられ、山﨑 正純 副学長の閉会挨拶で締めくくられました。

発表会には60名もの参加者に集まっていただき、アンケートでは「昨年度よりも充実した取組・内容で、有意義な発表会であった」などと、今後の取組にも期待する内容が多く寄せられました。

関連リンク

大学COC事業「大阪の再生・賦活と安全・安心の創生をめざす地域志向教育の実践」Webサイト

お問い合わせ

大阪府立大学 地域連携研究機構 地域連携室 COC事務局

Eメール cocinfo[at]ml.osakafu-u.ac.jp[at]の部分を@と変えてください。