ニュース

平成29年度学長顕彰式典を開催

更新日:2017年9月6日

2017年8月9日(水)、学術交流会館多目的ホールにおいて、平成29年度の学長顕彰式典を開催しました。

学長顕彰は、学術研究団体等から学術研究または社会貢献等の業績を認められ、賞を受けられた本学教員に対し学長が顕彰するもので、今年度は46名の方々が顕彰されました。

被顕彰者には、辻学長から楯が授与され、その後顕彰された教員5名による記念講演を開催しました。

学長顕彰を授与された教員の皆様の益々の活躍を期待しています。

講演者

  • 工学研究科 大久保 雅章 教授
    「スーパークリーンディーゼルエンジン,燃焼器に対する非熱プラズマ複合後処理技術の開発」に関する研究に対して、国際電気集塵機学会から「Dr. Senichi Masuda Award」他1件を受賞されました。
  • 生命環境科学研究科 日根野谷 淳 准教授
    「Stx2f産生Escherichia albertii のマウスに対する病原性評価」に関する研究に対して、腸管出血性大腸菌感染症研究会から「奨励賞」を受賞されました。
  • 看護学研究科 深山 華織 助教
    「同居家族の就労により日中独居ですごす要介護高齢者の不安とその対処」に関する研究に対して、一般社団法人日本老年看護学会から「研究論文奨励賞」を受賞されました。
  • 研究推進機構 萩原 将也 特別講師
    「多面観察プラットフォームによる細胞組織の大域高解像イメージング」に関する研究に対して、化学とマイクロナノシステム学会から「第34回化学とマイクロナノシステム学会優秀研究賞」を受賞されました。
  • 理学系研究科 八木 孝司 教授
    日本毒性学会の機関誌(Journal of Science)に掲載された原著論文の中で、受賞年度の前年および前々年の被引用回数が多い論文著者として、一般社団法人日本毒性学会から「ファイザー賞」を受賞されました。

辻学長のあいさつ

記念講演の様子

学長顕彰者の記念撮影

お問合せ先

総務部 人事課(担当 中村、増田)
Tel 072-254-9105(直通)