ニュース

本学が「企業の人事担当者から見た大学のイメージ調査」で総合9位にランキング

更新日:2017年6月27日

2017年6月、日本経済新聞社と就職・転職支援の日経HRが発表した大学イメージ調査で、大阪府立大学が「企業の人事担当者から見た大学のイメージ調査」で総合9位にランキングされました。公立大学の中では1位となります。

この調査は、全上場企業と一部有力未上場企業の人事担当者を対象に、過去2年間(2015年4月~2017年3月)に採用した学生から見た大学のイメージなどを聞いたもので、評価基準となる側面項目「行動力(8位)」「対人力(15位)」「知力・学力(12位)」「独創性(16位)」のすべてで20位以内の評価となりました。 この内容は、2017年6月7日発売の、日経キャリアマガジン特別編集「価値ある大学 2018年版 就職力ランキング」に掲載されています。

また、同時に調査された、大学の取り組みを評価する部門でも複数の項目でトップ10にランキングされ、学生指導に熱心に取り組んでいる(10位)、すぐれた研究を行っている(8位)、施設や立地などの学習環境が整っている(9位)の項目で優れた評価となりました。

総合ランキング
9位  大阪府立大学
評価基準となった側面別ランキング
側面項目 具体的項目 順位
行動力 熱意がある、主体性がある、チャレンジ精神がある 8位
対人力 コミュニケーション能力が高い、ストレス耐性が高い、柔軟性・適応力がある 15位
知力・学力 論理的思考ができる、高い教養を身につけている、理解力がすぐれている(地頭がよい) 12位
独創性 創造力がある、個性がある、着眼点がよい 16位
大学の取り組みランキング部門
取り組み項目 順位
学生指導に熱心に取り組んでいる 10位
すぐれた研究を行っている 8位
施設や立地などの学習環境が整っている 9位

出典:日経キャリアマガジン特別編集 価値ある大学2018年版 就職力ランキング

横山 慶一キャリアサポート室長のコメント

キャリアサポート室では、「修学とキャリア育成を二本柱」と考え、本学独自の「ワクワク人材/ハイ・エンゲージメント人材」の育成に取り組んでいます。このことは学問の専門性を高めることに加えて、学生の豊かな人間性を涵養し、企業の人材育成へとつなぐ大学の大切なミッションであると考えています。今回、総合ランキングで高い評価を得られましたことは、両者のバランスが取れた真に人間力ある人材を社会へ輩出できている証であり、とてもうれしく感じています。

お問合せ先
学生センター 学生課キャリアサポート室(A11棟1階)
Tel 072-254-9119