大阪府立大学

第23回留学生日本語弁論大会を開催

更新日:2016年12月28日

2016年11月6日(日)、国際交流会館I-wingなかもずにて第23回留学生日本語弁論大会を開催しました。

第1部は、本学に留学し人間社会学研究科博士前期課程を修了された韓小虎さんに講演いただきました。現在日本企業に勤務されている韓さんは、学生時代や就職活動、現在の仕事のことなど、後輩たちに大いに刺激になるお話しをしてくださいました。

続く第2部では、留学生による日本語弁論が披露されました。出場したのは中国3名、ベトナム3名、フランス1名、台湾1名、バングラデシュ1名、韓国1名の10名の留学生です。

出場した10名の留学生の話はいずれ劣らぬ内容でしたが、審査の結果、バングラデシュ出身のペルビン・ムンムンさん(生命環境科学研究科獣医学専攻博士課程)が見事優勝されました。

本大会は本学留学生総会および国際交流サークルオリオンが進行等を担当し、学生、教職員だけでなく地域の方など100名を越える方に参加いただき、たいへん賑わいました。

弁論大会終了後に交流会も行われ、参加したすべての方々の親睦が深められました。

お問い合わせ

国際・地域連携課 国際交流グループ

Tel 072-254-9962