大阪府立大学

平成28年度「地域再生」副専攻「地域活動演習」受講学生による発表会を開催

更新日:2016年12月26日

平成25年度に文部科学省により採択された「地(知)の拠点整備事業」(大学COC事業)において、本学と大阪市立大学の共同事業「大阪の再生・賦活と安全・安心の地域創生をめざす地域志向教育の実践」の中核である「地域再生(CR)」副専攻の最終科目「地域活動演習」を受講している学生による成果発表会を、2016年12月17日(土)に開催しました。

当日は、石井実理事より開会の挨拶とともに本学のCOC事業の概要と平成28年度のCR副専攻の進捗状況の説明がありました。次に、大学COC事業のパートナーである大阪市立大学 都市防災教育研究センター所長 森一彦教授から、「コミュニティでいのちを守る」と題し、本学も参加している「コミュニティ防災教育の取組」の基調講演がありました。

その後、本学受講生と大阪市立大学の受講生による成果発表がありました。本学受講生は、堺市危機管理室、堺市南区御池台連合自治会、大阪市大と共同で取組んだ「避難所運営マニュアル」の評価に伴う防災活動や、堺市消防局と連携した「消防広報のあり方」の提言が発表されましたå。それぞれの発表にCOC事業の外部評価委員3名や地域の自治会役員等から質問が出され、学生が丁寧に回答しました。

すべての発表の後、堺市消防局 大上仁司予防部長から講評、本授業の代表教員 山本章雄教授からコメントが述べられ、前川寛和副学長の閉会の挨拶で終了しました。参加者は、本学、堺市の関連部局、大阪市大、COC+事業で連携する和歌山大学の教職員、学生の他、地域の関係者等約60名で、アンケートでは「学生のがんばりが印象に残った」等今後の取組にも期待する内容が多く寄せられました。

発表会終了後、COC事業外部評価委員と本学関係者による意見交換会が行われ、外部評価委員から「本日の受講生の発表だけでなく、受講生数、開講クラスの質量ともに評価できる」との評価を得ました。

関連リンク

大学COC事業「大阪の再生・賦活と安全・安心の創生をめざす地域志向教育の実践」Webサイト

お問い合わせ

大阪府立大学 地域連携研究機構 地域連携室 COC事務局

Eメール cocinfo[at]ml.osakafu-u.ac.jp[at]の部分を@と変えてください。