大阪府立大学

本学学生が理系大学院生英語プレゼンテーションコンテストで優勝

更新日:2016年12月13日

2016年11月3日に行われた「第6回理系大学院生のための英語プレゼンテーションコンテスト」にて、理学系研究科 物理科学専攻 博士前期課程1年の大塚怜さんがスピーチの明瞭さと全体構成が評価され、優勝しました。

大塚さんのコメント

指導教員の本條勝彦先生に発表スライドを初めて見てもらった時、いかに自分本位な内容で、かつ研究を理解できていなかったかを痛感しました。本番までの一ヶ月間は、研究の目的、背景を改めて見つめ直し、理解できていない部分を勉強しました。その結果、誰にでも無理なく理解してもらえるようなストーリーを作り上げることができたと思います。
私は英語が大の苦手で話すのも全く流暢ではありません。私以外の出場者は英語がとても流暢で、海外でも発表経験のある方ばかりでしたので、まさか優勝できるとは思っていませんでした。審査員の方からは「とても分かりやすかった」等の言葉をいただき、一貫した内容と丁寧さを意識したスピーチが評価されたのだと感じました。
今回の経験を糧に今後も研究に精進し、英語力の向上に努めたいと思います。関わってくださった皆さま、本当にありがとうございました。

コンテスト概要

ジャパンタイムズ・日本英語検定協会・大阪大学外国語学部英語専攻が主催。理系大学院生による英語プレゼンテーション技術の向上を目的に開催されており、今年で6回目を迎える。

お問い合わせ

理学系研究科 支援室

Tel 072-254-9162