大阪府立大学

伊藤嘉余子准教授が厚生労働省「子ども・子育て支援推進調査研究事業」に採択

更新日:2016年11月17日

本学が「平成28年度 子ども・子育て支援推進調査研究事業」(厚生労働省)の実施機関として採択されました。

本事業は、質の高い特定教育・保育および地域型保育ならびに地域子ども・子育て支援事業等の提供にあたり、子ども・子育て支援に関する諸般の課題について、現地調査等による実態の把握や試行的取組等を通じた提言を得ることを目的とする事業です。

【事業名】里親支援にかかる効果的な実践に関する調査研究事業

事業の概要

親からの虐待等によって家庭で暮らすことのできない子どものための養育を担う里親制度。里親開拓から里親に委託された児童の自立支援までの一貫した里親支援、養子縁組に関する相談・支援、被虐待児童をはじめとする要保護児童の養育を担う里親等への支援体制の構築・強化は重要な課題となっています。 本研究では、都道府県や政令市(児童相談所設置自治体単位)での養育里親支援、養子縁組里親支援について、児童相談所の支援体制および里親支援機関の活用状況、里親支援専門相談員の活用実態といった「里親支援体制の現状」を明らかにするとともに、その分析により、効果的な支援体制、支援手法等について提言することを目的として事業遂行に取り組みます。

関連リンク

お問い合わせ

地域連携研究機構 地域連携・研究支援課 研究支援グループ

Tel 072-254-9124