大阪府立大学

本学がJST「マッチングプランナープログラム」の採択件数で全国1位に

更新日:2016年6月16日

2016年6月1日にJST(国立研究開発法人 科学技術振興機構)が発表した、研究成果展開事業マッチングプランナープログラム「企業ニーズ解決試験」採択結果において、決定された新規課題255件のうち大阪府立大学からの提案は11件で、採択件数全国1位となりました。

マッチングプランナープログラムは、地域の企業が持つ開発課題(企業ニーズ)と大学等の研究成果(大学シーズ)を結びつける専門人材「マッチングプランナー」が、大学シーズによる地域企業の開発課題の解決、事業化を支援し、地域科学技術イノベーションの創出につなげていき、企業ニーズの解決に対象となる大学シーズが適しているか否かを見定めるための試験研究を支援するプログラムです。

平成28年度新規採択課題(大阪府立大学)

課題名 研究責任者
アグリコンに最適化したマルトトリオース配糖体合成酵素の創製 炭谷 順一
環境にやさしい新酸化触媒反応系を用いるトリアリールメタン系染料合成法の開発 野元 昭宏
頸動脈不安定プラーク診断のための超音波速度変化画像技術の検証 和田 健司
新規酵素電極用デヒドロゲナーゼの開発 川口 剛司
超微粒子化を可能とする乾式粉砕機の開発 綿野 哲
超臨界二酸化炭素賦活処理により精密構造制御されたフラン樹脂由来サブミクロン活性炭によるキャパシタの大容量・長寿命化 齊藤 丈靖
低品質廃食用油からの新BDF製造システムの構築 興津 健二
塗布型有機EL素子の極限的高効率化をめざした革新的強発光型赤色りん光材料の創出 八木 繁幸
プラズマ複合処理による自動車用電力ケーブル被覆とフッ素系コーティング材料の分子レベル密着性の実現 大久保 雅章
ろ室内の電位測定によるろ過・圧搾過程のモニタリング法の開発 岩田 政司
和英文混在環境における高速・高精度な文書画像検索 岩村 雅一

大阪府立大学の地域貢献の近況

本学では、地域貢献のため堺市、和泉市、富田林市等の自治体および信用金庫、地方銀行等の地域金融機関と連携して中小企業の後継者育成・新事業開発プログラムを含む新産学官金連携モデルの推進や自治体と連携した農業の6次産業化等、地域産業の活性化を支援しています。

経済産業省の地域イノベーション創出事業である平成27年度「新分野進出支援事業(地域イノベーション創出促進事業)」促進事業の採択に引続き、平成28年度「地域中核企業創出・支援事業」にも採択されました。

関連リンク

お問い合わせ

研究支援課 産学官連携室

Tel 072-254-9128(直通)