大阪府立大学

文部科学省「実践型研究リーダー養成プログラム」の事後評価で最高のS評価を取得

更新日:2016年2月10日

平成22年度から平成26年度の5年間にわたり実施された文部科学省支援の「実践型研究リーダー養成プログラム」の事後評価が行われ、本学実施事業が「優れた成果をあげているとともに、委託期間終了後の事業の継続性・発展性も高く、今後も非常に期待ができる(S評価)」と評価されました。中間評価に引き続き、最高ランクであるS評価を受けたことになります。

これは、2014年に終了し同じくS評価を受けた「地域・産業牽引型高度人材育成プログラム」成果とともに、産業界での活躍をめざす本学の博士後期課程学生の育成環境が極めて優れたものであることが認められたことを意味しています。

実践型研究リーダー養成事業(文部科学省Webサイト)

取組みと評価結果

地域・産業牽引型研究リーダー養成プログラム

事業期間

平成22年度~平成26年度

事業目的

博士後期課程学生を対象として、産業界のイノベーション創出やプロジェクト型の研究開発に不可欠なチーム力を最大化できるリーダーシップを養成する。

評価結果

S 優れた成果をあげているとともに、委託期間終了後の事業の継続性・発展性も高く、今後も非常に期待ができる。

お問い合わせ

21世紀科学研究機構 産学協同高度人材育成センター

担当 池内

Tel 072-254-8265 Fax 072-254-8274 Tel 2330(内線)