大阪府立大学

本学卒業生・名誉教授が平成27年秋の叙勲を受章

更新日:2015年12月9日

この度の平成27年秋の叙勲において、卒業生2名、名誉教授1名、元職員1名の方が受章されました。

本学関係の受章者は以下の方々です。

旭日重光章

 吉田 淑則(よしだ よしのり)氏 (JSR株式会社 特別顧問、1964年大学院工学研究科修了)

瑞宝中綬章

 向阪 保雄(こうさか やすお)名誉教授 (元工学部教授)

旭日小綬章

 川嵜 修(かわさき おさむ)氏 (株式会社東研サーモテック社長、1969年工学部卒業)

瑞宝小綬章

 竹内 壮彦(たけうち たけひこ)氏 (元大阪府立大学事務局長)

受章された卒業生、名誉教授より喜びのコメントをいただきました。

みなさまおめでとうございます。

吉田 淑則 氏コメント

吉田淑則 氏

旭日重光章の栄に浴し光栄に存じております。会社の諸先輩、役員、社員も含めての受賞と受け止めており、長年にわたる皆さまのご指導ご支援の賜物と心より感謝申し上げます。

JSRは合成ゴムの国産化を目指して設立された国策会社を前身に、培われた高分子化学技術を核にしてIT関連分野へと事業を拡げて参りました。一技術者として創立期に入社し、研究者として30年間過ごした後、経営の立場で事業構造の改革に携われた事は非常に幸運でした。また国の機能性化学の競争力強化にも関与し微力ながら貢献できたことを幸いに思っております。

1999年には母校の大学から工学博士号を授与され、会社での研究を定年前に纏める事が出来、お世話になった先生方には改めて感謝申し上げます。

今後とも産業、社会の発展に微力ながら貢献出来るように精進して参ります。

川嵜 修 氏コメント

川嵜修 氏

この度、旭日小綬章を賜りましたことは、大変光栄であり、身に余ることと思っております。私は大阪府立大学で、技術の分かる経営者になりたくて経営工学を専攻しました。熱処理は自動車部品をはじめとするものづくり製造業の中で、なくてはならない基盤技術であり、この仕事を通して評価されたことを大変嬉しく思います。

今後も熱処理技術を通じて日本の製造業の発展にお役に立てるよう、微力を尽くす所存です。

向阪 保雄 名誉教授コメント

向阪保雄 名誉教授

思いがけない受賞に驚いています。今回の瑞宝中綬章の受賞は、ひとえにこれまでお世話になりました多くの皆さまのご支援とご指導の賜物と思っています。

皆さまに厚く御礼を申し上げますとともに、大阪府立大学の今後の益々のご発展を祈念しています。

【向阪名誉教授略歴】

大阪府立大学名誉教授。専門領域は化学工学、粉体工学、エアロゾル工学。在職中に大阪府立大学総合情報センター所長や大阪府立大学評議員などを歴任。永年にわたり研究、人材育成とともに本学の運営にも寄与された。

お問い合わせ

広報課 広報グループ

Tel 072-254-9103(直通)