大阪府立大学

第6回ホームカミングデーを開催

更新日:2015年11月30日

2015年11月3日(火・祝日)、白鷺祭3日目となる日に、第6回ホームカミングデーを開催、卒業生、ご家族、ご来賓など約760名の方にご参加いただきました。

大阪府立大学交響楽団によるウェルカム演奏「魔弾の射手より」、辻学長の挨拶で開会式がスタート、さらに学長のリードによる「ラデツキー行進曲」の軽やかなリズムに合わせた手拍子で、会場が一体となりました。そして、前川寛和教授(副学長・高等教育推進機構長)による記念講演「海を渡った縄文石斧―岩石学の挑戦―」と続きました。また、会場となったUホール白鷺の前には、鳥人間コンテスト2015 人力プロペラ機タイムトライアル部門に出場、優勝した機体のコックピットフレームなども展示しました。説明員のWindMill clubの学生に熱心に質問、さらに連続優勝を願って活動資金を寄附する卒業生の姿も見受けられ、世代を超えた交流が生まれていました。

午後からは会場を体育館に移し、ウェルカムパーティーを開催しました。東野校友会会長の挨拶、辻学長の発声による乾杯と、和やかな雰囲気の中でパーティーが始まり、吹奏楽部、エヴァコール、応援団による学生歌・学歌合唱では、口ずさんでいる卒業生の姿も多く見られました。

また、会場、学内、学外で開催された同期やクラブの同窓会の数は、昨年に対して約3割増の41と、卒業生の交流の輪が広がりました。

会場では「府大の四季彩」などの産学連携商品、植物工場の野菜「学園菜」も販売され、お土産として買い求める方も多くおられました。室津校友会副会長の中締めの挨拶の後も、別れを惜しむように学生歌を合唱されている卒業生の姿もありました。

その他当日は、落語研究会OB&現役寄席、創基130年記念事業の一つで設置した国際交流会館「I-wingなかもず」のオープン記念フォーラム、2015 Fledgeビジネスアイデアコンテストなど、盛りだくさんのイベントが行われました。

以上のように、卒業生の方々に、懐かしい学生時代の日々を思い出し旧交を温めて頂くとともに、新しい母校の姿をご覧頂ける一日になりました。

お問い合わせ

広報課 卒業生室

Tel 072-254-7620(直通)