大阪府立大学

シネマクラブが大阪府西堺警察署と協力して防犯ムービーを制作

更新日:2015年11月4日

大阪府立大学シネマクラブが、大阪府西堺警察署から依頼を受け「女性・子供被害対策ムービー」を制作しました。同署 生活安全課防犯係の方が作成した脚本をもとに、シネマクラブが撮影・編集を行いました。ムービーの中でも警察官役として防犯係の方々が、被害者役等で同クラブ学生が出演しました。

同ムービーは、西堺警察署主催で10月15日(木)に開催された全国地域安全運動 中区・西区地域安全大会で上映され、多くの方にご覧いただきました。

また、2015年10月29日(木)、大阪府西堺警察署 署長から、部長の高松さんほか制作に関わった学生4名に感謝状と記念品が手渡されました。

シネマクラブ高松部長コメント

企画開始の8月から10月までの延べ2ヶ月間で制作しました。警察の方々の演技はメッセージを伝えるという気迫に満ちていました。編集では、防犯というメッセージをいかに伝えるかに一番注意をし、画面や文字、音声を調整するのに苦労しました。また、夜の撮影は画面にノイズが出てしまうので、それに注意しました。普段自分の作品を制作しているので、色々な条件・制約がある外部との共同制作はとても刺激的でした。たくさんの方にこの作品を見て頂き、防犯意識を高めてほしいです。

私たちの努力を感謝状という形で認めていただき、部員一同とても光栄に思っております。

関連リンク

お問い合わせ

学生課 学生サポートグループ

Tel 072-254-8390