大阪府立大学

海外大学院留学説明会を開催

更新日:2015年8月24日

2015年8月6日(木)16時から18時に、本学の国際交流推進機構と米国大学院学生会の共催で「海外大学院留学説明会」を開催しました。本学でこの説明会を開催するのは今回が4回目で、当日は、本学学生および一般参加者約50名が参加し、活気あるイベントとなりました。

説明会の前半では、3名の講師(留学経験者)による、海外の大学院留学についての講演がありました。海外で博士号を取得するまでのプロセス、大学院留学のための出願準備対策や各種テスト対策についてのアドバイス、海外留学のための奨学金の獲得方法、さらに、文系学生のための海外大学院留学ガイダンス等、いずれも講師陣の体験にもとづく内容で、参加者は熱心にメモを取りながら話に聞き入っていました。

後半の、パネリストとフロアとの質疑応答では、「海外留学後の就職はどうなるのか?」、「希望する大学院の教授に事前に連絡を取る方法は?」、「国によって博士号の持つ価値は異なるのか?」など、様々な質問が次々と出されました。興味はあっても最初の一歩をどうやって踏み出したら良いか分からない、という参加者の不安を吹き消すように、パネリストは、丁寧で的確にひとつひとつの質問に回答していました。

今回の総合司会を務めた大畠潤さんは、本学理学系研究科(分子科学専攻)博士前期課程を修了し、現在は、米国ライス大学博士後期課程に留学中です。説明会の最後に、「海外大学院留学は決して特別な人でなければ出来ないものではありません。将来、皆さんも、留学経験者として、この壇上で後輩の方々に留学体験談を話してください。」と、海外留学を目指す参加者に激励のメッセージを送りました。

説明会終了後も、1時間近くにわたり参加者と講師との質疑応答が続き、とても有意義なイベントとなりました。

講師・パネリスト

  • 大畠 潤(大阪府立大学理学系研究科博士前期課程修了、ライス大学博士課程在籍中)
  • 釣巻 瑤一朗(今秋マサチューセッツ工科大学博士課程進学予定)
  • 新見 有紀子(ボストンカレッジ博士課程修了)
  • 中村 拓磨(ジョージア工科大学博士課程在籍中)
  • 細川 尚子(オックスフォード大学博士課程在籍中)
  • 長谷川 貴彦(ウィスコンシン州立大学ミルウォーキー校修士課程修了、大阪府立大学工学研究科博士前期課程在籍中)

関連リンク

お問い合わせ

国際交流課

Tel 072-254-9962