大阪府立大学

本学が平成26年度省エネ大賞「省エネルギーセンター会長賞(省エネ事例部門)」を受賞

更新日:2015年2月2日

一般財団法人省エネルギーセンター主催、経済産業省後援の「平成26年度省エネ大賞」において、公立大学法人大阪府立大学が「省エネ事例部門」の中の「省エネルギーセンター会長賞」に選ばれました。受賞したテーマ名は「大学における実験装置等に関する省エネの推進」です。

1月28日(水)に東京ビックサイトにおいて、表彰式が開催されました。

概要

表彰種別 省エネルギーセンター会長賞(省エネ事例部門)
受賞者 公立大学法人 大阪府立大学
テーマ名 大学における実験装置等に関する省エネの推進

審査委員会による受賞概要

公立大学における実験装置等の省エネの取り組みである。同大学は、平成20年度にエネルギー管理組織を立ち上げ、空調や照明の省エネに取り組んできたが、平成24年度に文部科学省が公募した「大学等における実験・研究に関する省エネルギー実証事業」に採択され、実験装置等の省エネにも取り組んでいる。実証事業では実験装置の保有台数(902台)、電気使用量の割合(全学の20%)を調査するとともに、アーク溶解炉、大型乾燥機、透過電子顕微鏡、ドラフトチャンバー等の実験装置の電気使用量の計測と省エネ方策の検討を行い、「実験装置等の省エネルギー推進ガイドライン」を作成した。計測結果から実験装置等の電気使用量は約4%削減できることが推計された。また、平成26年度からはガイドラインを用いた省エネ授業を実践している。

関連リンク

お問い合わせ

公立大学法人 大阪府立大学 総務部 総合企画課

担当 北田 博昭

Tel 072-254-8258