大阪府立大学

【注意喚起】エボラ出血熱等の感染症への対応について

更新日:2014年10月31日

公立大学法人 大阪府立大学

理事長・学長 奥野 武俊

学生・教職員のみなさまへ

外務省海外安全ホームページによれば、ギニア共和国、リベリア共和国、シェラレオネ共和国及びマリ共和国において、エボラ出血熱の発生および流行が報告されています。(2014年10月30日現在)

上記の国またはその周辺地域に渡航予定の方は、不要不急の渡航は延期するなど、感染を回避することに努めてください。しかしながら、万一の渡航にあたっては、現地日本大使館や下記のWebサイト等から常に最新情報を入手し、エボラ出血熱の感染予防について、慎重かつ適切な対応をお願いします。

関連リンク

お問い合わせ

学生課 学務グループ

Tel 072-254-9115