大阪府立大学

平成26年度留学生学外研修を実施

更新日:2014年9月30日

2014年9月22日(月)に、平成26年度留学生学外研修を実施しました。今年度は日本の伝統文化を体験するという趣旨のもと京都・宇治で実施し、留学生38名・教職員6名の計44名が参加しました。

まず、江戸時代に中国から渡来した隠元禅師によって開かれた萬福寺を訪問しました。中国様式を取り入れた建造物を見学したあとは、多くの留学生が座禅を体験しました。静まり返った堂内は、僧侶が留学生の肩を打つ警策の音だけが響き、独特の空気に包まれていました。

続いて世界遺産である平等院を訪問し、約1,000年前に建立された建造物や仏像等を見学しました。鳳凰堂の前では全員で記念撮影を行い、隣接する平等院ミュージアムでは鳳凰像など数々の国宝を間近に見ることができました。

午後には元禄年間創業の宇治茶の老舗、丸久小山園の槇島工場を見学しました。お茶の歴史や栽培、製造までの工程の説明を受け、製造施設および茶室を見学し、一人ずつ抹茶を点てる体験をしました。

参加した留学生からは、「とても良い経験ができた」「新しい発見があった」といった声が聞かれ、日本の伝統文化に触れる有意義な一日になったことが伺えました。

お問い合わせ

国際交流課

Tel 072-254-8142