大阪府立大学

留学生と堺市立白鷺小学校6年生の交流会を実施

更新日:2014年7月7日

2014年7月3日(木)に、堺市立白鷺小学校の6年生を中百舌鳥キャンパスに迎え、本学ゲストプロフェッサーのテキサス大学オースティン校トミオ・ペトロスキー博士による講演会および留学生との交流会を行いました。

第1部の講演会では、ペトロスキー博士に「科学することの楽しさ」をテーマにお話いただきました。何にでも興味を持つこと、失敗を恐れずに前向きに取り組むこと、といったメッセージが随所に盛り込まれた講演に、子供たちは熱心に聞き入っていました。講演後の質疑応答ではたくさんの質問が挙がったほか、休憩時間にペトロスキー博士を囲んで質問する子供たちの姿も見られました。

続いて行われた第2部の留学生との交流会では、中国、韓国、ベトナム、オーストラリア、フランス、ベナンからの留学生12人が、自国の文化や言語についてクイズを交えて説明しました。白鷺小学校の6年生とは昨年度に小学校にて交流会を2回行っており、今回が3回目の交流ということもあって、うちとけた雰囲気の中で活発なやりとりが行われました。

ペトロスキー博士と留学生への質問の時間では、子供たちから次々に手が挙がりました。「好きな日本の食べ物は何ですか」「日本に来て驚いたことは何ですか」といった質問への様々な回答に、会場からにぎやかな声が上がっていました。楽しい時間もあっという間に過ぎ、互いに別れを惜しみながら閉会となりました。

お問い合わせ

国際交流課

Tel 072-254-8142