大阪府立大学

ベトナム人研修員に対する環境関連研修を開発・実施

更新日:2014年6月5日

堺市と大阪府立大学では、JICA草の根技術協力事業「ハロン湾における海上輸送を基盤とする廃棄物循環システム構築事業」の一環として、事業に携わるベトナム人研修員11名を受入れ、6月8日(日)~6月21日(土)の日程で本邦研修を実施します。

本事業に携わるベトナム人11名(クアンニン省、ハロン湾管理局、観光船業者、青年・婦人ユニオン、現地小中学校の関係者)を研修員として迎え入れ、大阪府立大学での環境に関する取り組みや、府大環境デーのイベント参加、また堺市内外の環境関連事業を紹介し、ハロン湾での取組に活かしてもらうための研修プログラムです。

プログラムの開発にはJICA草の根技術協力事業の担当研究者でもある、本学工学研究科の大塚耕司教授が関わりました。研修プログラムの詳細につきましては下記の堺市報道提供資料をご参照ください。

関連情報

お問い合わせ

大阪府立大学大学院 工学研究科

大塚 耕司(おおつか こうじ)

Tel 072-254-9339 Fax 072-254-9914 Eメール otsuka[at]marine.osakafu-u.ac.jp[at]の部分を@と変えてください。