大阪府立大学

パナホーム株式会社とおおさか生物多様性パートナー協定を締結しました

更新日:2014年2月21日

2014年2月12日、本学は、大阪府、豊中市、パナホーム株式会社(以下パナホーム)及び地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所と「おおさか生物多様性パートナー協定」を締結しました。

大阪府は、昨年11月に生物多様性保全に率先して取り組む企業を大学・試験研究機関などと連携して支援することにより、企業による生物多様性保全活動の取り組みを促すとともに、その重要性について、広く府民に普及啓発するため、この協定制度を創設しました。協定制度の第2号は、千里中央に本社を置くパナホームが協定を締結することから地元市である豊中市も参画しています。

本学は、昨年春にパナホーム本社の敷地内に開設された「つながりの広場」のビオトープに設計段階から関わり、生物のモニタリング調査等に協力してきました。今後も、ビオトープ管理への助言、協力及び生態系に関する専門的な調査などの技術的支援を行っていきます。

関連リンク

お問い合わせ

生命環境科学研究科

教授 石井 実

Tel 072-254-9412