大阪府立大学

中川智皓助教が研究代表者を務める「高等学校における即興型英語ディベートプロジェクト」が文部科学省助成事業に採択

更新日:2014年1月21日

この度、本学工学研究科 中川智皓助教が研究代表者を務める「高等学校における即興型英語ディベートプロジェクト」が、文部科学省の平成25年度「高等学校等の新たな教育改革に向けた調査研究」における「多様な学習成果の評価手法に関する調査研究」事業に採択され、プロジェクトのWEBサイトが公開されました。

このプロジェクトは、複数の高等学校において即興型英語ディベートを活用したプログラムを開催し、論理的思考力、コミュニケーション力、学習意欲等の、筆記試験等では評価が困難な能力をルーブリック理論に基づき統合的に評価する手法について調査研究を行っており、WEBサイトでは、高等学校における即興型英語ディベートの実践活動についてご紹介しております。

お問い合わせ

”工学研究科”

”助教 中川

Eメール ”english_debate[at[at]の部分を@と変えてください。
me.osakafu-u.ac.jp”]