大阪府立大学

堺市・大阪府立大学連携「連続セミナー―持続可能な現代社会の創造に向けて―」第6回を開催しました

更新日:2014年1月16日

2013年12月7日(土)に、I-siteなんばカンファレンスルームにて、堺市・大阪府立大学産学官連携人材育成事業「連続セミナー―持続可能な現代社会の創造に向けて―」第6回を開催しました。

今回は「企業の成長と持続可能性」をテーマに、現代システム科学域 マネジメント学類の上野恭裕 教授が講演されました。

当日は、現代システム科学域の宮本貴朗副学域長司会のもと、個人、企業、社会が連鎖して持続的発展を遂げる仕組みについて話されました。個人レベルでは、労働意欲の向上・持続が重要であり、終身雇用制や年功序列制など日本の企業システムが労使双方に良い効果をもたらしたことが、日本企業の競争力や持続力となってきたこと。企業レベルでは、大量生産のための効率化を求めた時代から、顧客ニーズを重視する時代へ変化し、さらに産業構造の変化に対応した多角化を行うことが企業の存続・成長を可能にしたこと。最後に、企業が短期利益を追求するあまり長期的投資を怠り、成長が伸び悩んでいる現状を憂い、企業がこの現状に気付き長期的視点で利潤を追求することで社会も共に発展できる、と締めくくられました。

日米の企業の具体例や逸話などを盛り込んだ講演に、受講者からは、難しいテーマにもかかわらず、わかり易く興味深いセミナーだったという意見が寄せられました。

お問い合わせ

大阪府立大学 現代システム科学域支援室

Tel 072-254-7361(ダイヤルイン)