大阪府立大学

創基130年記念事業 展観と講演「奈良絵本・絵巻の世界」を開催しました

更新日:2013年12月5日

2013年11月24日(日)に、学術交流会館において、創基130年記念事業 展観と講演「奈良絵本・絵巻の世界―大阪府立大学蔵本を中心に―」を開催しました。

奈良絵本・絵巻とは、室町時代後期から江戸時代後期にかけて制作された、手作りの美しい絵と文章で構成された作品です。本学も、教科書によく登場する「物くさ太郎」絵巻を所蔵しており、当日は、同絵巻を始め本学所蔵資料を中心に、奈良絵本・絵巻について慶應義塾大学文学部石川透教授にご講演いただきました。大阪府内からはもちろん府外からも参加があり、参加者は51名にのぼりました。

講演終了後、希望者は学術情報センター図書館に移動し、貴重書展示コーナーの資料についても観覧しました。参加者は、目の前の資料を見ながら、石川教授の丁寧な解説に熱心に耳を傾けていました。

展観は、学術情報センター図書館1階貴重書展示コーナーにて12月20日(金)まで開催しています。本学所蔵資料だけでなく、相互協力協定を締結している大阪府立中之島図書館より貴重な資料をお借りし、紹介、展示しています。

お問い合わせ

広報課 創基130年事業推進事務局

Tel 072-254-7620(ダイヤルイン)