大阪府立大学

COI STREAM(文部科学省)に採択されました

更新日:2013年11月5日

今般、大阪府立大学は、COI-T(トライアル)「次世代水素エネルギー社会の実現」拠点として、採択されました。

本拠点は、大阪市立大学を中核拠点、大阪府立大学を連携拠点、兵庫県立大学をサテライト拠点とする研究推進拠点であり、光合成・人工光合成研究を中核とし、その成果を活用したクリーンで、安全・安心な循環型エネルギーとしての水素発生・貯蔵技術の確立を目指します。

今春開業した交通至便な大阪梅田北ヤード・グランフロント大阪内設置の「大阪市立大学健康科学イノベーションセンター」に本拠点事業推進本部「連携研究推進機構」を設置し、3大学等関係者のFace to Faceのコミュニケーションを円滑化すると共に、ICTを活用したシステムを構築し、関連機関との事業進捗状況等情報共有を図り、綿密な連携の元、事業遂行に取り組みます。

COI-T(トライアル)とは

将来のCOI拠点候補として、ビジョン達成に向けたコンセプトの検証や要素技術の検証を行うため、短期間(最長2年度)、小規模(年間数千万円程度)にて取り組むものです。

申請内容の全てを検証の対象とするのではなく、ビジョンの達成に向けたコア技術の検証・出口戦略の明確化、産学連携による拠点体制の整備等を中心に検証を行います。

お問い合わせ

地域連携研究推進課 産学官連携室

担当 岡本

Tel 072-254-9107