大阪府立大学

文部科学省「地(知)の拠点整備事業」(大学COC事業)に採択されました

更新日:2013年8月12日

 文部科学省が実施する平成25年度「地(知)の拠点整備事業」(大学COC事業)に、大阪府立大学と大阪市立大学が共同申請した取組(事業名:「大阪の再生・賦活と安全・安心の創生をめざす地域志向教育の実践」)が採択されました。

 本事業は、大学等が自治体と連携し、全学的に地域を志向した教育・研究・社会貢献を進める大学を支援することで、課題解決に資する様々な人材や情報・技術が集まる、地域コミュニティの中核的存在としての大学の機能強化を図ることを目的とし、文部科学省が開始し、公募を行ったものです。

 本学からは、大阪市立大学との共同で事業(事業名:「大阪の再生・賦活と安全・安心の創生をめざす地域志向教育の実践」)を申請し、8月2日に公表された選定結果において、申請が採択されました。

 地域課題に向き合う実質的学修や、アクティブラーニングを中心とした副専攻制度を導入し、学生の主体的な学修を促進。これらの事業により、領域横断的な知識・スキルを総合化しながら、地域が抱える課題を発見し、解決できる人材を育成する事を目指します。

 事業期間は平成25年度から5年間の予定です。

お問い合わせ

地域連携研究推進課

Tel 072-254-9686