大阪府立大学

創基130年記念事業 公開講演会「堺の新しいまちづくり」を開催しました

更新日:2013年5月30日

 平成25518日(土)に、本学中百舌鳥キャンパスB3棟において、創基130年記念事業 公開講演会「堺の新しいまちづくり」を開催しました。
この公開講演会は、日本景観学会2013年度春季大会の一環として、古墳時代に始まり中世の環濠都市を経て現代に至る堺の歴史的な景観資源を活用した都市計画のありかたについて知見を深めることを目的に実施いたしました。生命環境科学研究科の増田昇教授と堺市都市景観室の休場室長、ならびに日本景観学会副会長の五十嵐敬喜氏(法政大学教授)にご講演いただき、学会長の尾島俊雄氏と学会副会長の馬場璋造氏を加えて総合討論を行いました。
百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録へ向けた機運が高まっていることもあり、一般市民を含む約80名の参加があり、活発な討論がなされました。

お問い合わせ

広報課 創基130年事業推進事務局

Tel 072-254-7620(ダイヤルイン)