図書館

eolの利用について

eol

eolは国内の企業財務情報データベースです。企業属性情報(基本情報や財政状態など)、マーケット情報(株価情報など)、財務情報(財務諸表など)、開示書類(有価証券報告書など)などのコンテンツが提供されています。
オプションのeol AsiaOneでは、アジア圏主要15地域の企業属性情報、財務情報、開示書類が入手できます。
操作画面は、日本語・英語・中国語(簡体字/繁体字)に切替可能です。

収録内容

  • eol
    日本国内の上場企業(上場企業有報セット、上場財務データ財務セット、上場決算短信セット)
    財務情報は最大1989年より、開示書類は最大1961年より収録。
  • eol AsiaOne
    15地域(日本・韓国・中国・香港・台湾・タイ・シンガポール・マレーシア・フィリピン・インドネシア・ベトナム・インド・オーストラリア・ニュージーランド・ロシア)の上場企業
    財務情報及び開示書類は最大2000年より収録。

注意事項

  • 経済・経営・法律系図書室、B1棟、サテライト教室(I-siteなんば)でのみご利用いただけます。
    (但し、サテライト教室(I-siteなんば)は、大学院生専用です。)
  • eolにアクセスすると、ログイン画面が表示されます。画面上の「団体でご契約のお客様」の「自動認証ログイン」ボタンをクリックしてください。
  • 同時アクセス数1
  • 利用が終わりましたら、画面右上のログアウトボタンを必ずクリックしてください。ログアウトをしないまま終了しますと約20分間そのまま接続状態となり、他のユーザが利用できなくなります。