図書館

eolの利用について

eol

eolは国内の企業財務情報データベースです。企業属性情報(基本情報や財政状態など)、マーケット情報(株価情報など)、財務情報(財務諸表など)、原文データ(有価証券報告書など)などのコンテンツが提供されています。
財務情報については最大1989年より、原文データについては最大1984年より収録されています。

利用可能なファイル

上場企業パッケージ(上場企業有報セット、上場財務データ財務セット、上場決算短信セット)

注意事項

  • 経済・経営・法律系図書室、B1棟、なんばサテライト教室でのみご利用いただけます。
    (但し、なんばサテライト教室は、大学院生専用です。)
  • eolにアクセスすると、ログイン画面が表示されます。画面上の「団体でご契約のお客様」の「自動認証ログイン」ボタンをクリックしてください。
  • 同時アクセス数1
  • 利用が終わりましたら、画面右上のログアウトボタンを必ずクリックしてください。ログアウトをしないまま終了しますと約20分間そのまま接続状態となり、他のユーザが利用できなくなります。