図書館

経済・経営・法律系図書室

経済・経営・法律系図書室

経済・経営・法律系の資料を収集しています。
基本的な資料だけではなく、専門分野に関する図書・雑誌を中心に、AV資料、マイクロ資料等も配置しています。
(平成24年4月より、経済学部図書室は「経済・経営・法律系図書室」に変わりました。)

利用案内

利用できる人

本学の学生、院生、教職員、研修員、研究員、客員研究員、名誉教授 卒業生、元教職員

開館時間

場所・アクセス

貸出

資料の貸出には利用者カードが必要です。(本学の学生および教職員は、学生証、教職員証が利用者カードを兼ねています。)

区分 貸出冊数 期間
本学の学生(1~3年生) 5冊 14日
本学の学生(4年生以上) 10冊 30日
本学の院生 50冊 180日
本学の教職員 50冊 180日
本学の研修員・研究員・客員研究員 50冊 180日
本学の名誉教授 10冊 30日
本学の卒業生 5冊 14日
本学の元教職員 5冊 14日

(春季、夏季、冬季休業中に特別貸出を実施します。詳細は、その都度、当Webサイトでお知らせします。)

貸出できない資料

参考図書、新聞、雑誌、学位論文、貴重図書、AV資料など貸出できない資料があります。
詳細については、図書室カウンターでお問合せください。

貸出延長(継続貸出)

予約

返却

返却期限までに返却してください。閉室後の返却は返却ポストにお願いします。
他の図書館・図書室で借りた資料は借りた場所に返してください。
返却期限を過ぎた資料があると貸出はできません。

複写

図書館の資料は、著作権法で認められた範囲内で複写することができます。
複写するときには、下記の注意事項を守り、複写申込書に必要事項を記入して提出してください。
(ただし、貴重図書などのほか、破損の恐れのある資料は複写できない場合があります。)

複写にあたっての注意事項

  1. 複写は調査研究用に限ります。
  2. 図書は1冊の半分以下しか複写できません。
  3. 雑誌に掲載された論文は、次号が既刊となっているなど、発行後相当期間を経ていなければ複写できません。
  4. 複写部数は1人1部に限ります。
  • 複写機は、私費用(生協コピーカード〈モノクロのみ〉)と公費用があります。図書室内に設置されている複写機は、図書室所蔵資料の複写専用です。個人の本やノートを複写する場合は、図書室外の複写機をご利用ください。

視聴覚資料の視聴

図書室で所蔵しているビデオテープ、CD、DVDなどはAVブースで視聴できます。
視聴されるときには、図書室カウンターにお申し出ください。

ロッカー

図書室内にかばんは持ち込めません。図書室内のロッカーをご利用ください。利用は当日限りです。

データベース

経済・経営・法律系図書室、B1棟、なんばサテライト教室でのみ利用できるデータベース・電子ジャーナルです。
(但し、なんばサテライト教室は、大学院生専用です。)

お問合せ先

〒599-8531 大阪府堺市中区学園町1番1号 B3棟6階
Tel 072-254-9554(ダイヤルイン)
Tel 3928(内線)