図書館

学術情報センター図書館長あいさつ

学術情報センター図書館長 萩原 弘子

高度研究型大学の図書館として

 そもそも大学図書館とは学術研究活動の核心となる重要拠点です。大学図書館は、その大学を研究の場とする教員たちの研究の内容を反映しながら蔵書構築がされてこそ、高度研究型大学にふさわしい姿になるものです。むろん大学における研究と教育はいわば車の両輪ですので、大学図書館についても、研究を反映する蔵書構築が教育にとって有益な機能を果たし、新時代の研究者を育て、次には新時代の研究活動を反映する蔵書が構築されていくというサイクルの実現が望ましいということになりましょう。本学図書館は、そうした高度研究型大学としてあるべき理想のサイクルを実現するために、日々努力を続けています。

 また、学術情報センター図書館は学内だけでなく、他大学の学生、教職員、それ以外の皆様の利用にも開かれています。
本学図書館は、今後も大学図書館としてあるべき姿を追求することで、学術研究活動の重要拠点としての充実をめざしたいと思います。

学術情報センター図書館長
萩原 弘子