図書館

OPAC(蔵書検索)・横断検索

OPAC(蔵書検索)

大阪府立大学の資料は、オンライン目録の蔵書検索(OPAC)で検索することができます。図書館内の検索端末のほか、WEBサイトで公開していますので、学外からも検索することができます。
また、「横断検索」サービスでは、大阪市立大学・関西大学・大阪府立図書館・国立国会図書館のOPACとの横断検索が可能です。

OPAC(蔵書検索)の利用方法

検索語入力

検索対象や所蔵場所などを選択。キーワード検索欄に利用したい資料のタイトル、著者、出版社などを入力し、検索ボタンをクリックします(例:「toeic」と入力)。

OPAC画面 検索語入力

検索結果の一覧表示

入力した検索語の条件に合った資料の一覧が表示されます。

OPAC画面 検索結果

詳細表示

一覧の中から、利用したい資料をクリックすると詳細情報が表示されます。

図書の場合

例:『TOEICテスト頻出キーフレーズ600』を選択

OPAC画面 詳細表示 図書

  1. タイトル/著者名等
    タイトルと著者名・編者名・監修者名などが表示されます。タイトルの下にはカタカナや英数字でヨミが表示されます。シリーズ名があるときはタイトルの下に表示され、そこをクリックするとシリーズのうちで所蔵する図書の一覧が表示されます。
  2. 配架場所
    資料を所蔵している場所(図:学術情報センター図書館、羽曳野:羽曳野図書センターなど)とその中での配置場所(1F学生選書、2F開架閲覧など)が表示されます。
  3. 請求記号
    図書の背のラベルの記号です。図書はこの順番で並べています。請求記号のリンクボタンをクリックすると背のラベルが表示されます。
  4. 登録番号(資料番号)
    1冊ごとの図書に与えられた番号で、バーコードラベルに表示されています。図書を予約する際はこの番号が必要です。
  5. 状態
    貸出中、予約中などの場合は表示されます。「予約」アイコンをクリックすると、「貸出予約」及び「学内図書配送サービス」の申込画面に変わります。

図書の並び順

図書の背にはラベルを貼っています。このラベルに表示されているのが図書の請求記号です。 図書はこの請求記号順に並んでいます。

図書の請求記号、登録番号の場所

並び方

図書は原則として、まず分類番号順で並べ、同じ分類番号のものは、著者記号順または受入記号(数字)順に並べています。
また、巻号のあるものは同一請求記号内で巻号・年代順に並びます。請求記号や登録番号はオンライン目録検索結果の詳 細表示で記載されます。
オンライン目録でまず配架場所を確認し、請求記号などをメモして、必要な図書を書架で見つけてください。

雑誌の場合

例:[雑誌]『TOEICTestプラス・マガジン』を選択

OPAC画面 詳細表示 雑誌

  1. タイトル/著者名等
    タイトルと編者名などが表示されます。タイトルの下にはカタカナや英数字でヨミが表示されます。
  2. 配架場所
    資料を所蔵している場所やその中での配置場所が表示されます。
  3. 所蔵巻号
    所蔵している巻号が表示されます。最後に「+」がついている場合は、現在も継続して受入れています。
  4. 年次
    所蔵している最も古い年と最近の年が表示されます。この年の間をすべて所蔵しているという意味ではないので、所蔵巻号を確認してください。
  5. 新着雑誌配架場所
    新着巻号についての配架場所や巻号、発行年月日が表示されます。

雑誌の並び順

雑誌には、図書のように背ラベルはついていません。
配架場所によって、雑誌名や主題(科学・技術・農業・医学等)で並べられています。
詳細については、各図書館カウンターでお問い合わせください。