大阪府立大学

【図書館月間】Library Month 開催のお知らせ

更新日:2016年10月3日

学術情報センター図書館では、「読書の秋」にちなみ、10月を図書館月間としています。今回は「沖縄」をテーマに、さまざまなイベントを開催します。この機会に、ぜひ図書館をご利用ください。

期間:平成28年10月3日(木)~平成28年10月31日(月)
場所:学術情報センター図書館(中百舌鳥キャンパス)

開催内容

  内容 日程・場所等
1 テーマ展示
「沖縄 in full swing! -多様性に共鳴するための書物の群れ-」
本学が所蔵する「沖縄」に関する本の中から120冊を特別展示します。貸出もできますので、ご利用ください。
詳しくはこちら
日程:10月3日(月)~11月30日(水)
場所:学術情報センター図書館1階カウンター前
(Library Month終了後も、引き続き展示します。)
2 ライブラリーステージ
本学の学生クラブ団体(3団体)が「沖縄」をテーマにパフォーマンスします。ぜひお集まりください。
日程:10月5日(水)12時20分~12時40分
場所:学術情報センター図書館ロビー
交響楽団が弦楽四重奏(バイオリン2、ビオラ1、チェロ1)を披露します。
【曲目】
“涙そうそう”(BEGIN)
“島唄”(THE BOOM)
日程:10月12日(水)12時20分~12時40分
場所:学術情報センター図書館ロビー
男女混声合唱団エヴァコールが14名で合唱を披露します。
【曲目】
“月桃”(映画『GAMA 月桃の花』の主題歌)
“島唄” (THE BOOM)
“HEIWAの鐘” (仲里幸弘)
日程:10月26日(水)12時20分~12時40分
場所:学術情報センター図書館ロビー
アカペラサークル ONE BEENS
【曲目】
“366日”(HY)
3 ライブラリートーク&コンサート
出演:與那城 美和 (ヨナシロ ミワ)氏
大阪府立大学後援会の協力のもと、スペシャル・ゲストとして、宮古島から與那城氏をお招きし、宮古島で歌い継がれている唄を織り交ぜながら、トークライブを開催します。沖縄本島の民謡、オキナワンポップス等は本土の方々にも多く親しまれていると思いますが、宮古島の唄は島外で歌う唄者が少ない事もあり、あまり知られておりません。この機会に民謡だけで無く、古謡もお楽しみください。
(参加費・事前申込不要)【與那城氏 プロフィール】
沖縄県宮古島市出身(旧 平良市)沖縄県宮古島市在住。
母の影響で、小学4 年生頃から歌、三線を始める。
平成7年、琉球古典音楽野村流伝統音楽協会、与那覇寛仁研究所入門。
平成20年、琉球新報社主催古典芸能コンクール最高賞。
平成21年、琉球古典音楽野村流伝統音楽協会教師免許取得。
島内外で、宮古民謡ライブ、老人介護、通所施設への慰問などを行っている。その他、数々の宮古島内音源に囃子やコーラスとして参加。
平成21年の博物館講演会で初めて古謡を唄ったことをきっかけに、現在は宮古島の古謡の研鑽に努めている。
平成25年11月 CD『宮古島を唄う かなすあ~ぐーFavorite Songs ー』を発売。
平成28年8月 SHIKIORI 代表の松永誠剛氏プロデュースによるCD『Myahk Song Book ~ Longing ~』に唄者として参加。
日程:10月24日(月)13時00分~14時30分
場所:学術情報センター図書館ロビー【曲目】
☆現在歌われている三線の伴奏付きの宮古民謡と、その元唄。
“なりやまあーぐ”
“豊年ぬあーぐ”

☆生活の中で歌われて来た唄。古謡も交えて。
“とうがにあーぐ”
“東里真中”
“伊良部とうがに”
“白鳥ぬあーぐ”(曲は変更になる可能性があります。)

お問い合わせ

学術情報センター図書館

Tel 072-254-9155(ダイヤルイン) Tel 2185(内線)