図書館ニュース

国際オープンアクセスウィーク2017のお知らせ

更新日:2017年10月23日
国際オープンアクセスウィークポスター

案内ポスターpdf(170KB)

 学術情報センター図書館では、国際オープンアクセスウィーク(2017年10月23日から29日まで)に、オープンアクセスを啓発する目的でポスター掲示等の広報活動を実施しています。

国際オープンアクセスウィークポスター

総合図書館中百舌鳥1階 レファレンスカウンター前

オープンアクセスウィークとは?

 オープンアクセスウィークは、SPARC(Scholarly Publishing and Academic Resources Coalition)が主催するオープンアクセスの意義について周知する世界的なイベントです。期間中は、世界各国の研究機関や大学図書館でオープンアクセスに関するさまざまな催しが開催されます。2017年はテーマを“Open in order to…”として、10月23日~29日に実施されます。

オープンアクセスとは?

 学術雑誌論文等をWeb上で無料公開し、誰でも利用できるようにすることです。論文をオープンアクセスにすると、 全世界の人に読んでもらえる、引用してもらえる可能性が高くなるなどのメリットがあります。

 オープンアクセスとするには、学術機関リポジトリなどインターネット上のサーバに執筆論文を登録し無料で公開する方法と、誰でも無料で読める学術雑誌(オープンアクセス誌)に投稿することでオープンアクセスを実現する方法があります。

オープンアクセス@大阪府立大学

 本学では、2016年11月に「公立大学法人大阪府立大学オープンアクセス方針」を制定し、2017年4月以降発表された学術雑誌論文は原則オープンアクセスとすることになりました。

学術情報リポジトリOPERA

 学術情報リポジトリOPERAは、大阪府立大学で生産された教育研究成果等を 電子的に蓄積・保存し、インターネットを通じて学内外へ発信するためのものです。

お問合せ先

学術情報室リポジトリ担当
Tel 072-254-9159(ダイヤルイン) Tel 2185(内線)
Eメール repo[at]ao.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と変えてください。