本文へジャンプ

プレスリリース

らせん結晶構造を持つ磁石のひねりの数を制御・検出に成功

更新日: 2015年12月17日

研究成果のポイント

  1. 現在使われている電子デバイスでは、「2進法」に基づいた情報処理を行っている。
  2. らせん状の結晶構造を持つ磁石でひねりの数を自在に変化させることで、1つの磁石に多数の情報を埋め込むことに成功した。
  3. 巨大な情報処理能力を持つ磁気メモリーや磁気センサーなどへの応用が期待される。

研究概要

参考図:キラルな磁石CrNb3S6の結晶構造とキラル磁気ソリトン格子

用語解説

解説1 キラルな磁石単結晶

“キラリティ(対掌性)”を持つ磁性単結晶のこと。キラル結晶軸が単数の六方晶CrNb3S6やCsCuCl3、三方晶YbNi3Al9、また、複数本のキラル結晶軸をもつ立方晶MiSiやFe1-xCoxSiなどが知られている。

解説2 磁石を用いた電子デバイス

お問合せ先

公立大学法人大阪府立大学 大学院工学研究科 電子物理工学分野
戸川 欣彦 准教授
Tel 072-254-8216
Eメール y-togawa[at]pe.osakafu-u.ac.jp [at]の部分を@と差し替えてください。