大学案内

平成25年 年頭の挨拶

Initiate, Integrate, Inspire

2013年1月4日

理事長・学長 奥野武俊

新年おめでとう

 2013年、新年おめでとうございます。この新しい年が、私たちにとって明るく希望にあふれた年になるように祈りつつ、年頭のご挨拶を申し上げます。

学域制スタート

 まず、昨年のことを少しだけ振り返ってみたいと思います。4月には、4つの学域からなる新しい教育体制で、希望にあふれる新入生を迎えることができました。今年からは、より高度で専門的な学びに進む彼らを、どのように支援しながら育ていけるかという、私たちにとっての大きな課題にチャレンジしていきたいと思います。
このような新しい大阪府立大学を、さらに多くの受験生に知ってもらうために、昨年も高校訪問や受験説明会を何度も重ねてまいりました。新入生や受験希望者と関わった際に感じた個人的な印象ではありますが、大阪府立大学を志望してこられる学生は、やはり優秀であり、前向きに考えている人が多いということでした。これも皆様の努力と支援のおかげだと感謝しています。もうすぐ迎える今年の入試も乗り切っていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

大阪市立大学との統合問題

 昨年の春には、いわゆる“大阪都”を実現するという政策を掲げた大阪府知事および大阪市長は、大阪市立大学と大阪府立大の統合を「大阪府市統合本部」の議題に挙げ、それを検討するための「新大学構想会議」を立ち上げました。ご存じのように、様々な曲折はありましたが、当初の予定よりかなり遅れた年末に、新大学構想会議がまとめた基本的な考えが公表されました。すでに、多くの方がその案をご覧になっていると思いますが、学士課程教育の枠組みはこれまでのものを大きく変更しないという方針であり、統合の時期については、“大阪都”が実現することを前提にしつつ、まず準備期間が設けられ、法人統合を行い、その後最終的には一つの大学にするというものです。
新しい学域体制をスタートしたばかりの大阪府立大学にとって、学士課程の教育体制を大きく変更することは困難なことですが、示された組織の変更案などは、我々がすでに取り組んできた大学改革の延長線上にあるようにも見受けられます。提示された基本的な考え方をベースにして、皆さんに相談しながら具体案を考えていきたいと思っています。もちろん、歴史や文化の異なる二つの大学が統合する訳であり、これまで経験したことのないことを考えるわけですから、様々な課題が出てくることが予想されます。たとえどのような問題があったとしても、大学で学ぶために入学してくる学生達にとって大切な教育・研究は何かということで一致点を見出し、それぞれの大学の良さを残しながら、さらに発展させていきたいと願っています。大阪府立大学のポテンシャルを生かすことが出来るように、この問題に取り組んでいけるように、皆様のご支援とご協力を、改めてお願いする次第です。

創基130年

 さて、すでに何度もご案内してまいりましたが、今年は、本学の淵源となっている、獣医学講習所が明治16年(1883年)にできてから130年になることから、11月にはこれを記念したホームカミングデーを企画しています。また、いくつかの記念事業は、これから大阪府立大学が取り組むべき課題を凝縮しているように感じていますので、ここに力を集中していきたいと思います。
そのひとつは、国際交流会館(仮称)の建設であり、約1年後の完成を目指して設計などが進められています。この機会に、留学生対応を含む多くの国際化に関する問題について取り組みたいと思います。
また、新しい南海電鉄本社ビルの2,3階に開設する、「なんばセンター(仮称)」については、昨年その愛称を募集し、最終審査を年末に行いました。正式な発表はこれからになるのですが、フライングすることをお許しいただいて、この場所の愛称のことを少しお話ししたいと思います。実は、非常に多くの方からたくさんの応募があったのですが、最終審査に残ったのは数点でした。その中で優劣をつけるのはとても難しい状況でした。そのような場合には専門家のコピーライターなどに相談することを、あらかじめ決めていましたので、応募作品を見ていただいたところ、いくつかの応募案を合成した形の「I-siteなんば」を提案いただき、これに決めました。
最初の「I」はローマ字のアイ、「site」は場所を表す英語、そして「なんば」はひらがなです。このIから始まる3つの言葉を考えて、新しい拠点に対する希望を述べ、今年のキーワドにしたいと思います。
実は、「なんばセンター(仮称)」をつくるにあったって、私の心には、この場所が大学の重要なMissionであるアカデミックさをしっかりと保ちながら、思い切って大学の敷居を低く、いわゆる垣根の無い大学を実践すること、そのために社会との関わりを深める場所となり、単なる公開講座だけの場所や、貸し会議室だけでもなく、同窓生や地域の人たちとの交流を深める“しかけ”を創り出していく場所としたいということがありました。それをこの「I-siteなんば」に表したいと思いながら、initiate, integrate, inspireという3つの言葉を選びました。
まず、initiateですが、新しい働きを始めることを意味しますので、ふさわしい言葉だと思いました。辞書を見ますと、「人々を集める」という意味もありましたので、新しい拠点を作るに良い言葉だと確信しました。そして、次にintegrate を選びました。大阪府立大学は文系理系の区別をしない学域をスタートさせたところであり、「一体にする」、「融合する」、「統合する」という意味のこの言葉は、我々の歩みの中で違和感なく受け止められるものと考えました。“なんば”における新しい拠点においては、大学院や研究所による学問だけでなく、様々な地域貢献に関連する事業や、同窓生を巻き込んだ様々な働きを考えていますので、これまでとは違う新しい融合領域を創っていけると思います。そして、これらの活動を通して、参加するすべての人が、知的に刺激されて命が吹き込まれる、すなわちinspire される。これが「I-siteなんば」のコンセプトです。

Initiate, Integrate, Inspire

 繰り返しになりますが、この3つの言葉は、決して“なんば”における新拠点だけのものではなく、我々自身がこの新しい年にinitiate し、自分のまわりの様々な分野をintegrate し、その結果として、すべての学生、教員、職員がinspireされる・・・そのような大学となるように努力したいと願っています。

 2013年が明るくて夢のある年となることを期待して、ごあいさつにさせていただきます。

理事長・学長  奥野 武俊