大学案内

平成24年 年頭の挨拶

垣根を無くして橋をかける

理事長・学長 奥野武俊

2012年1月4日

 新年あけましておめでとうございます。この正月をお元気で迎えられたものと、お喜び申しあげます。新しい年があなたにとって、また大阪府立大学にとって、明るく希望にあふれた年になるように願って、年頭にあたり、ひとことご挨拶申し上げます。

昨年を振り返り

 まず、昨年のことを振りかえりますと、やはり大地震や台風などによる大きな自然災害のことに触れずにおれません。3月11日に東日本を襲った地震と津波や、世界の各地で大きな災害がありました。しかも、あの津波のために起きた福島の原子力発電所のメルトダウンという事故は、言葉を失うほど大きな事でした。
人類は、リスクの大きさを知りつつも、技術革新を進めてまいりましたが、その結果このような事態が起きました。これは、私たちの生活スタイルを変え、価値観を再考させるほどのものとなっていますので、大学人としてはより謙虚になって研究に向い、様々な課題に取り組まなければならないと感じています。
また、今回の災害は、日本だけでなく世界中の人々を動かし、支援の輪を広げ、人のつながりが大切であることを実感させる機会となりました。このような時に大学の果たすべき役割は何なのかを考えながら、行動したいと願っていましたが、学生達のボランティアグループを数度にわたって被災地に送ることが出来ました。さらに、このような災害が、大学教育に及ぼす影響に関する研究にも取り組んでいただくことになり、府立大学を中心にして多数の公立大学が協力している状況です。
さらに、今回の震災を契機にして学生達は、和歌山を襲った台風被害からの復興を支援し、自分達の身にも、いつ降りかかるかもしれない災害に対する備えについて考えるグループを作り、関西一円の大学を巻き込むような活動を始めています。府立大学の持っているポテンシャルがここにも表れていると感謝しています。

4月からの新しい大学

 さて、改めて言うまでもなく、府立大学はこの4月から新しい4つの学域からなる教育体制で新入生を迎えることになっています。その準備を進めるために、昨年から組織体制などを前倒しで変更することにしましたので、教職員の皆様には、より多くのご負担をおかけすることもあったことと理解しています。この場をお借りしてお詫び申し上げますとともに、今は、大きな転換期であることをご理解いただき、これからも皆様のご協力とご支援を心からお願いする次第です。
特に、新しい大学のことを受験生に知ってもらうために、多くの方に高校を訪問していただき、受験説明会を何度も重ねてまいりました。そこでは、これまでの歴史と伝統を継続する府立大学の姿を伝えながら、しかも時代の要請を先取りする形で新しくなるという、二つの事を知らせなければなりませんでしたので、ご苦労をおかけしたと思います。
皆様のご尽力のおかげで、受験生の模擬試験から見られる府立大学への志願状況は、当初心配していたところを、秋には脱したようなニュースも伝えられていましたので、さらなる努力を惜しまずに進めば、希望を持って入試を乗り越え、新しい気持ちで4月を迎えられると考えておりました。
ところが、昨年11月末に行われた大阪市長、大阪府知事の選挙結果は、大阪都を実現するとの政策を掲げた、維新の会が圧勝し、そのマニフェストの一部に書かれた、大阪市立大学と大阪府立大学の統合について大きく報道されるようになったことはご存じの通りで、受験生に対する影響を心配しています。
受験生にできるだけ心配を与えないように最善を尽くしていきますので、これから始まる具体的な入試運営に万全を期していただきたいと思います。とにかく、我々は、すでに大学全般にわたる改革を進めてきましたので、この姿勢を変えるつもりはありませんし、変えてはいけないと思っています。中でも、新しい形で学生の教育に当たる学士課程教育については予定通り進めて、世界で活躍する学生を育てることが我々に与えられた使命であることを強調したいと思います。そのためには、準備してきた教育体制を大胆に進展させることが必要です。新しいことを始めるのですから、問題は起こり得るかもしれませんが、学生達にとって大切な教育という一点において一致点を見出して、進みたいと願っています。
話しをもう一度、大阪市立大学とのことに戻しますと、それぞれの大学の良さを残しながら、さらに発展させて、プレゼンスの強い公立大学を目指し、法人統合(経営統合)をするということであれば、時代の流れを踏まえ、大学が本当に良くなるため、その是非を含めて具体的な検討を始めることに、私にはためらいはありません。たとえ、どのような形になったとしても、府立大学のポテンシャルは生かされなければなりません。
今後、皆様にどのような形でご支援やご協力をお願いすることになるか、今のところは分かりませんが、その時期が来れば速やかに相談することをお約束し、必要な時には迅速な対応をお願いする次第です。

垣根を無くして橋をかける

 最後になりますが、今年も皆様に一つのお願いをしたいと思います。
先日、タクシーに乗りましたら、運転手さんが、310号線沿いの、垣根が無くなってきれいになったことを指摘して、「これまでは、キャンパスの中が見えなかったけど、よく見えるようになりましたね。このようにすると誰でも入れるようになって困りませんか?」と話してくれました。これまでに、大学の中外にあるさまざまな垣根を無くしましょうとお願いしてきましたので、310号線にあったウバメガシの垣根を切って、中が見えるようになったことを実感してくれている方がおられる事を嬉しく思いました。
もちろん、目に見える建造物の垣根だけではなく学部・学科・部局・課・グループなど・・さまざまなところで出来てしまう垣根も低くしたり、無くしてきましたので、今年は、そこに「橋をかける」ことをお願いしようと思うのです。
実は、昨年は縁があって、3度も宮内庁から招待を受けて、天皇・皇后両陛下にお会いしましたが、「橋をかける」という言葉は、皇后陛下が子どもの時に読んだ本から受けた影響などをお書きになった本の題名です。そこでの「橋をかける」という意味は、第一に平和のためにということであり、考えや習慣を超えて一つとなることが平和につながるという意味で使われています。その言葉を、ここで使わせていただきたいと思います。

あなたにお願いしたいこと

 「橋をかける」という言葉の意味を拡大解釈することをお許しいただいて、それが必要だと言いたいのです。つまり、私たちには、自分の領域を超えて橋をかける積極性が、今、求められていると感じているのです。
もし、この中に、自分にはそのような力は不足している、または、欠けていると感じる方がおられたら、その方こそ社会や世界が必要としている方だと思います。
自分に自信を持っている方は素晴らしいですが、それ以上に自分の弱さを知り、限界を知っている人にこそ、このような橋をかける役割を担っていただきたいのです。府立大学の皆様は、その役割を果たすにふさわしい方であると信じています。まだ越えなければならない山は今年も目の前にあります。それを乗り越えるために、皆様のご協力をお願いします。
『垣根の無くなった場所に橋をかけましょう。』
2012年が明るく夢のある年となることを期待しています。

 ご静聴、ありがとうございました。

理事長・学長  奥野 武俊