大学案内

平成22年 年頭の挨拶

垣根のない大学

2010年1月4日

理事長・学長 奥野武俊

 皆さん、新年おめでとうございます。 2010年の年頭にあたり、ひと言ごあいさつ申し上げます。

 昨年は、大学が法人化して4年を経過し、さらに新しい展開を期待していた年でしたが、ご存じのように、非常に大変な年になりました。このような形で2010年という新年を迎えることになるとは、とても予想できなかったことでしたが、ともかくこうして1年の区切りの時に、新しい年に対する希望や期待をお話しできるようになりましたのは、大学を愛し、支えてくださっている皆さまのおかげです。心から感謝申し上げたいと思います。

 さて、改めて言うまでもなく、大学の第一のミッションは教育研究にあり、日頃からの皆さんの多大な努力によって、その活動を通して大阪府立大学の存在価値を示してきたところですが、これに加えて、最近では社会貢献の重要性が指摘されています。特に、公立大学に求められている地域貢献は、産学連携によって地域の産業を支えるだけでなく、公開講座などを中心にした、いわゆる府民の生涯教育や地域住民との交流事業など、これまでに無かった様々なことが必要になり、大学が生み出した成果を、府民に対して分かりやすい形で還元すると共に、やさしく説明することが求められています。つまり、誰もが理解できるようにアピールする必要があるわけです。大学において行われる高度で先端的な研究の専門的な価値が高ければ高いほど、誰でも理解できる形で説明することは、必ずしも容易ではありません。マスコミを通して、我々の研究成果などを目立つようにする。ただ、そのことに力を注ぎすぎると、大学本来の使命を十分に果たすことができないかもしれません。

 昨年は、大阪府立大学のことが何度もマスコミに取り上げられましたが、正しく報道されないために、苦しい思いをしたこともありました。しかしながら、ある程度のリスクを覚悟しても、報道していただけることは府大のためにはプラスになると考えることが必要だと思うようになりました。多くの方に大阪府立大学をよりくわしく知っていただき、大阪府立大学を希望する受験生を獲得していくためには、どうしても広報活動が大切です。皆さんもチャンスがある時には、ぜひ積極的に広報活動に参加していただきたいと、お願いする次第です。

 昨年、大学を訪問していただいたかたのお一人から、「大阪府立大学は垣根が無い大学ですね」と言われたことがありました。その時の話の脈絡からしますと、「府立大学の学部間の垣根は低いですね」という意味だったのですが、「垣根の無い大学」という言葉は、新しい年のキーワードとしてふさわしい言葉だと感じています。つまり、大学内の学科、部局、事務局などの組織の間の垣根を低くすること、さらに大学と大学、大学と地域、大学と企業などの間の垣根を低くすること、時にはそれを無くすることは非常に重要です。実は、これを言われたかたは、その時「他大学では決してあり得ないことです」とも言われました。つまり、これは大阪府立大学でなければできないことで、これを大きな特徴にすることができると思うのです。今年は、昨年提案した改革案を具体化することになります。これを実現するために最も必要なこととして「垣根のない大学」を今年の課題にしたいと思います。

 この垣根を無くするために、皆さん一人ひとりに考えていただきたいことがあります。それは、「あなたのトポスを見つけてください」ということなのです。この「トポス」という言葉はご存知の通りギリシャ語で、ビオトープとかユートピアの一部になっている言葉で、「場所」という意味です。聞くところによると、この言葉には、あなたを最も生かす場所という意味があるそうで、このことを考えていただきたいのです。つまり、あなたの仕事場、教室、クラス、委員会、プロジェクトグループ…、様々な働きの場所で、あなたのトポスは何かという質問を自らにしていただきたいです。誰でも、組織のなかで何かの機能を担っているはずです。必ずあなたにしかできないファンクション(機能)があるはずです。それは他の人と違うファンクションです。みんな同じ機能をもつシステムはありえません。あなたが、他人のことではなく、自分のトポスは何かを考えることによって、また、それを見つけることによって、あなたの所属している組織は、きっと有機的に働くと思うのです。組織的というより、有機的に働くように…、このような働きを広げることによって、必ず垣根は無くなると信じます。

 今年もいくつかの山を越えなければならないと思うのですが、この2つのこと、つまり「垣根のない大学を目指し」「そのために自分のトポスを探す」これによって、それを乗り越えることができると信じます。私も、自分のトポスを求め、そこで最善を尽くすことを約束します。皆さんの協力をいただいて、どのような山が来ても、それを乗り越えたいと思いますので、よろしくお願いします。

 2010年が皆様にとって、また大阪府立大学にとって、すばらしい年となることを期待して、挨拶とさせていただきます。

理事長・学長  奥野 武俊