大学案内

平成24年度 理事長・学長メッセージ

複雑化する社会で、本当に必要な「知カラ」を育みたい。幅広い視点と思考力を身につける学域制も、そのための一つ。

いま大学が提供すべきことは何か。その疑問から複合的な学びを開始。

 いまや誰もが使っているインターネットや携帯電話。これらの最先端技術を開発した人たちは、大学でその開発に関する講義を受けたわけではありません。基礎となる通信技術や物理学の理論を学んだうえで、何か問題が生じた時にその原因を追究する力、そしてその問題を解決する力を身につけました。その結果、社会のニーズ、あるいは「社会での必要性」を的確に把握し、難しい問題を乗り越え、新しい技術を世の中に提供することができたのです。

 皆さんに大阪府立大学で学んでほしいことは、次の時代に必要な最先端の技術を創り出すための基礎理論と、新しいことにチャレンジするための方法論です。そのためには、高度な専門性はもちろんのこと、それらを生かすための高い教養と、幅広い学問分野の知識が必要となります。

 2012 年度からスタートさせた学域制は、このような視点から教育のあり方を見直し、実現したもので、既存の学部・学科の壁を超えて、より幅広い学問分野について学ぶことができるシステムです。この理念を最も色濃く反映させているのが「現代システム科学域」で、この学域では文系・理系の「知」を融合し、自然と人間が共生できる持続可能な社会をシステム的に捉えていきます。学域制のもと、皆さんは広い視点から考え、自分が学ぶべきことは何か、どのような専門が自分に向いているかなどを探すことができます。

高度な研究の追求を通して、刺激的な学びの場をつくる。

 本学は、大阪府を設立団体とする公立大学ですから、地域に貢献する「高度研究型大学」として、高度な研究を行う教員とともに、学生が活発に活動し、学び、そして「世界に翔く地域の信頼拠点」となることを目指しています。本学のこの姿勢は、皆さんにも大きなメリットをもたらすものと考えます。国際会議に参加しながら各分野の第一線で活躍している研究者たちから、価値の高い実践的知識やユニークな方法論を学び、刺激を受け、自分のキャリアに役立つ生きた「知」を積極的に学び取ることができるのです。教員との密なやりとりが行われるインタラクティブな授業は、きっと皆さんに新しい気づきを与えてくれるでしょう。

すべては、一人ひとりの学生の固有の力を引き出すために。

  本学には、現代社会のニーズに応える幅広い学びや知的好奇心に刺激を与え、その力を引き出していく密度の濃いコミュニケーションがあります。私たちは、それをさらに発展させていきたい。

  この環境下で、専門知識だけでなく、リーダーシップ、マネジメント力、コミュニケーション力を磨き、自分の人生と社会の未来を切り拓く力を身につけてください。あなた自身の本来の力を引き出し、伸ばし、発揮するために。ぜひ、大阪府立大学の「知」の扉をたたいてみてください。

2012年4月